コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    新型コロナウイルスに関して、旅行者のみなさまの質問にお答えします

    新型コロナウイルスに関して、旅行者のみなさまの質問にお答えします

    キャンセルのオプションや新しいプログラムを通して、みなさまをサポートするAirbnbの取り組みをご覧ください。
    投稿:Airbnb2020年3月10日
    1分で読めます
    更新日:2020年10月15日

    新型コロナウイルスをめぐる状況には不確定要素が多く、旅行計画に及ぶ影響の有無についても予測しにくい状況にあります。旅行者にお役立ていただくため、本記事ではみなさまからお寄せいただいたご質問にお答えしています。 状況の進展に合わせて、また、質問への回答が用意でき次第、このページを随時更新してまいります。

    旅行をキャンセルしなくてはいけないのですが、 どのような選択肢がありますか?
    2020年3月14日以前に予約が確定し、新型コロナウイルスの感染拡大による影響のため旅行ができないゲストは、無料でキャンセルできる場合があります。Airbnbの酌量すべき事情ポリシーについて詳しく読む

    現時点でのキャンセルオプションについて詳しくは、Airbnbのウェブサイトまたはアプリの 「旅行」ページをご覧ください。 このまま旅行への影響が続く場合、こちらのオプションは、今後数週間のうちに変更となる可能性があります。

    計画を変更する必要がある場合は、ホストがほかのゲストからの予約を受け付けられるよう、できるだけ時間の余裕をもってキャンセルするようお願いいたします。

    ただし、3月15日以降に新しく確定した予約につきましては、ゲストが体調不良でない限りは新型コロナウイルスを理由にキャンセルする場合でも、酌量すべき事情ポリシーに基づく返金の対象とはなりませんのでご注意ください。

      最近Airbnbで旅行の予約をしましたが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響のため、計画に影響が出ています。 予約をキャンセルできますか?
      3月15日以降に新しく確定した予約につきましては、ゲストが体調不良でない限り、新型コロナウイルスを理由にキャンセルする場合でも、酌量すべき事情ポリシーに基づく返金の対象とはなりません。 従って、事前にホストのキャンセルポリシーに十分な柔軟性があることを必ずお確かめください。ご予約に適用可能なキャンセルオプションを確認するには、Airbnbのウェブサイトまたはアプリの「旅行」ページをご覧ください。

        旅行の予約をしたいのですが、新型コロナウイルスの状況がどのように今後進展していくかわかりません。 どうすればよいですか?
        今後のご旅行を現時点で予約すべきかを悩まれるお気持ちはよくわかります。ゲストのみなさまには、予約に際してキャンセルポリシーをよく確認されることを強くおすすめいたします。 3月15日以降に新しく確定した予約については、ゲストが体調不良でない限り、新型コロナウイルスが原因でキャンセルした場合でも、酌量すべき事情ポリシーに基づく返金の対象とはなりません。

        万が一に備え、柔軟性のあるキャンセルポリシーを設定しているリスティングをお探しになることをおすすめします。このようなリスティングを簡単に見つけて予約できるよう、検索フィルターを追加しましたのでぜひご活用ください。

        柔軟なキャンセルポリシーが設定されている宿泊先はどのように検索できますか?
        キャンセルポリシーはホストにより、「柔軟」「普通」「厳格」のいずれかに設定されています。 各宿泊先のキャンセルポリシーの詳細は、リスティングのメインページにてご確認いただけます。 柔軟なキャンセルポリシーが設定されているリスティングをより簡単に検索していただけるよう、新しいフィルターを追加いたしました。新しいフィルターについて詳しく読む

        酌量すべき事情ポリシーとは?
        Airbnbの酌量すべき事情ポリシーは、ゲストやホストが深刻なケガや病気、自然災害、渡航制限といった予測できない事態に見舞われた場合に、キャンセル料やペナルティなしで予約をキャンセルする選択肢を提供するものです。 世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの世界的大流行を宣言したことを受け、旅行が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたゲストは、全額返金または旅行クーポンの受取対象となる場合があります。 ご予約に利用可能なキャンセルオプションを確認するには、Airbnbのウェブサイトまたはアプリの「旅行」ページをご覧ください。

        最近Airbnbで旅行を予約したものの、行くべきかどうか決めかねています。 旅行に行くべきでしょうか?
        多くのコミュニティでは、一定の地域を対象に渡航自粛勧告を出したり、短期賃貸を含む宿泊施設に対して一時的な制限を設けたりしています。 つきましてはヘルプセンターの「旅行に関する制限と勧告」セクションで、滞在に影響が出る可能性があるかどうかご確認いただくことをおすすめします。 このような困難な状況下におけるコミュニティへのサポートとAirbnbの取り組みに関する詳細は、リソースセンターの新型コロナウイルスに関する最新情報をご確認ください。

        直接対面型のAirbnb体験を予約したいのですが、どのようなことを把握しておくべきですか?
        Airbnbでは、直接対面型の体験を実施が許可された国・地域において再開し、健康・安全に関するガイドラインを新たに導入しました。本ガイドラインでは、ホストとゲスト双方に、防護用フェイスカバー・マスクの着用と社会的距離の確保が求められています。政府による規制に変更が生じた場合、すでに体験が再開された国・地域でも再び体験を一時休止せざるを得ない可能性もあります。その際はホストのみなさまに通知させていただきます。体験が一時休止となった国・地域で直接対面型の体験を予約していた場合、今後の体験予約時に利用可能な25ドル分のクーポンをお受け取りいただきます。再開に関する詳細を確認

        ご自身と同伴者の方々のみで直接対面型の体験への参加をご希望の場合は、貸切予約をご検討ください

        ご自身の地域でまだ直接対面型の体験が再開していない場合は、オンライン体験をチェックしてみましょう。 新しいスキルを身につけたい方も、楽しい活動を通じてお友達と交流したい方も、同僚たちとチームの絆を深めたい方も、安全にご自宅からAirbnbの体験にご参加いただけるようになりました。 「手品のタネ明かし」や「モロッコの家族と料理しよう」、「お坊さんとオンライン瞑想」など、すでに多くのオンライン体験が提供されています。

        日々、新型コロナウイルスに関する新たな報道がなされていますが、最新情報を確認する最もよい方法は?
        Airbnbは、Airbnb.com/COVIDの情報を毎日更新していますので、最新情報とガイダンスのご確認にまずはこちらをご利用ください。 また、お住まいの地域や旅行先に関する情報については、政府・自治体や保健機関のガイダンスをご確認いただくことをおすすめします。

        ゲストはAirbnbの新型コロナウイルス安全対策に従う必要がありますか?
        新型コロナウイルスの世界的大流行が続く中、ウイルスの感染拡大を防ぐためには、私たち一人ひとりが対策を講じることが重要です。 このことを踏まえ、Airbnbでは、保健衛生の専門機関(アメリカ疾病予防管理センターなど)からのガイダンスに基づき、Airbnbコミュニティの全員が順守必須となる安全対策を導入しました。 その一環として、ゲストおよび宿泊ホストはともに、対面してやり取りを行う際には常時マスクまたはフェイスカバーを着用し、2メートル以上の距離を保つことに同意する必要があります。

        ホストからキャンセルの連絡が来ました。今後の流れについて教えてください。
        納得のいく理由の場合でも、予約がキャンセルになると残念な気持ちになることもあるかと思います。しかし、予約をキャンセルしたホストの多くが新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている当事者である可能性や、Airbnbコミュニティ全体の安全と健康を守るためにキャンセルに至った可能性があることをどうぞご理解ください。責任ある旅行についての詳細は、こちらのヘルプセンターの記事をご確認ください。

        ホストにより予約をキャンセルされた場合、全額返金を受けられる可能性があります。 返金に関する詳細については、Airbnbのウェブサイトまたはアプリの「旅行」セクションをご確認ください。

        該当の予約がキャンセルとなった後もなお旅行する必要がある場合は、再度Airbnbでご予約いただければ幸いです。安全な旅をお祈りしています。

        ホストと一緒に滞在することに不安があります。どうすればよいですか?
        Airbnbはコミュニティの健康と多様性の受け入れに力を尽くしており、このような困難な時期にこそ、こうした点が今まで以上に重要となります。 ご予約をキャンセルする前に、Airbnbの差別禁止ポリシーにご配慮いただくようお願いいたします。 ホストひとり一人に対して、多様性を受け入れる気持ちと敬意を持って接することが大切です。いずれの予約に対してもキャンセルをする際は、同じ基準で判断するようにしてください。 必要に応じて情報を入手していただけるようガイドラインと質問をまとめましたので、ぜひご活用ください。

        ホストが設定するキャンセルポリシーの規定上、返金を受けることができません。 なぜですか?
        Airbnbは、プラットフォームを通じてゲストとホストが集まるコミュニティです。 宿泊料金やお部屋に関する特定のルール、キャンセルポリシーはホストが決めています。 多くの場合、ホストはAirbnbのホスティング収入で生計を立てているため、ポリシーの例外を認めることが困難な場合があります。

        イベントに参加するためにAirbnbで宿泊先を予約しましたが、イベントが中止となりました。 予約をキャンセルできますか?
        コーチェラ・フェスティバルやサウス・バイ・サウスウエスト、モバイルワールドコングレスなどのイベントに参加するため、多くの旅行者がAirbnbで宿泊先を予約してくださっています。参加予定だったイベントが中止となり、ご予約がAirbnbの酌量すべき事情ポリシーの適用対象外である場合は、ご予約に適用となるキャンセルポリシーをご確認ください。 また、ホストに直接ご相談いただくこともできます。Airbnbの酌量すべき事情ポリシーが適用されない予約に対してホストから返金できるように、新たなツールの提供をはじめました。

        新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた地域でAirbnb Luxeの宿泊施設を予約しました。 酌量すべき事情ポリシーが適用されますか?
        Airbnbの酌量すべき事情ポリシーは、Airbnb LuxeやLuxury Retreatsのご予約には適用されません。これらのご予約には別途、Airbnb Luxeゲスト返金ポリシーが適用されます。

        ヘルプが必要です。 オンラインで情報を得るにはどこを確認すればよいですか?
        すぐに回答が得られず、お困りのこともあるかと存じます。 Airbnbでは、必要なサポートと情報を提供できるよう、電話、チャット、メールでのお問い合わせに対しできる限り迅速な対応を続けるとともに、Airbnb.com/COVIDを立ち上げました。

        こちらのページを設けることで、多くの一般的な問題をオンラインでご解決いただけるようにしています。 その他の回答をお探しの場合は、Airbnbのヘルプセンターもご利用いただけます。

        そのほかにも質問があるのですが、 どこに問い合わせればよいですか?
        新型コロナウイルスは世界中で旅行に広く影響を及ぼしており、Airbnbのコミュニティサポートチームでは、通常を大幅に上回る数の電話やメッセージをいただいております。 最も急を要するリクエストから優先的におうかがいできますよう、コミュニティサポートチームにサポートをお求めになる場合は、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。 ご予約の開始が72時間以上先の場合は、チェックインまたは体験実施の時間が近づいたときにご連絡いただくようお願いいたします。

        それまでの間、ご自身で問題解決ができるようセルフサービスツールを開発しましたのでご活用ください。 その他のリソースと情報については、Airbnb.com/COVIDまたは ヘルプセンターをご確認ください。

        この度の新型コロナウイルスの感染拡大は旅行者のみなさまに大きな混乱を招いています。この事態に対処するためAirbnbでは、みなさまのお役に立てるよう精一杯努めてまいります。 Airbnbコミュニティの健康と安全を守るためにご協力いただきありがとうございます。

        本記事の記載内容は、公開後に変更されている可能性があります。

        Airbnb
        2020年3月10日
        役に立ちましたか?

        こちらもおすすめ

        こちらもおすすめ

        ほかのトピックを見る