コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    改定後の酌量すべき事情ポリシーについて

    改定後のポリシーに基づくキャンセル規定についてご案内します。
    投稿:Airbnb2020年9月23日
    1分で読めます
    更新日:2021年2月15日

    注目ポイント

    • チェックイン日または実施日が2021年1月20日以降の宿泊およびAirbnb体験の予約に適用される酌量すべき事情ポリシーのキャンセル規定を改定いたします

    • 予測も制御も不可能な自然災害およびそれに類する事象は引き続きポリシーの適用対象に含まれます。

    注)改定後の酌量すべき事情ポリシーは、2021年1月20日以降に開始予定のすべての予約に適用されます。

    新型コロナウイルスの世界的大流行が発生して以来、酌量すべき事情ポリシーに基づくキャンセル規定についてホストのみなさまから数多くのご意見をいただきました。それにより、以前のポリシーがホスト側に不公平であると多くのホストが感じていたことがわかりました。そこで、ホストとゲストの双方のニーズにとってより公平となるよう、この度ポリシーを改定いたしました。

    新しいポリシーはチェックイン日または実施日が2021年1月20日以降の宿泊およびAirbnb体験の予約に適用されます*。

    改定後のポリシーでは、予期せぬ個人的な事情(陪審義務やフライトの欠航など)によるゲストのキャンセルは、酌量すべき事情ポリシーの対象外となります。

    変更内容はすべてヘルプセンターでもご確認いただけますが、本記事では、1月以降に適用対象となるものと対象外となるものをいくつか例をあげてご紹介いたします。

    改定前の酌量すべき事情ポリシーの適用範囲は?
    改定前のポリシーでは、ゲストは次の2つの状況でキャンセルすると返金が受けられました。

    • 予期せぬ個人的な事情
    • 地震や感染症の世界的大流行など大規模に発生する事象

    改定後のポリシーの適用範囲は?
    チェックイン日あるいは開始日が2021年1月20日以降の宿泊およびAirbnb体験の予約に適用されます。改定後の酌量すべき事情ポリシーでは、制御も予測も不可能な自然災害およびそれに類する事象は引き続き適用対象に含まれます。

    フライトの遅延など、通常の旅行上の問題が発生した場合、ゲストは酌量すべき事情ポリシーによる返金を求めることはできません。ホストのキャンセルポリシーに基づき返金を受けられる可能性がある点は変わりません。

    改定後のポリシーで適用対象外となる予約は?
    通常の個人的な事情による予約のキャンセルはポリシーの対象外となります。

    たとえば、フライトの欠航や陪審義務によりゲストが直前で予約をキャンセルする必要がある場合、今後Airbnbでは、こうしたキャンセル理由は酌量すべき事情とはみなされず、ホストが設定しているキャンセルポリシーが適用されます。

    また、予測が可能な一般的な天候や風土病などの事情による予約のキャンセルは対象外となります。詳しい情報と適用される事象の一覧は、ヘルプセンターでご確認ください。

    ゲストとの関係はホストのみなさまにとって大切なものですので、予期せぬ個人的な事情や天候、疾患、その他の理由によりキャンセルせざるを得ないゲストに対する返金については、ホスト自身のご判断にお任せいたします。なお、これまで同様、ご希望であれば、カスタマーサービスチームの担当者を介さずに、ゲストと直接連絡を取り合ってこうした状況を解決していただくことは可能です。

    改定後のポリシーが適用となる予約は?
    改定後のポリシーは、チェックイン日または実施日が2021年1月20日以降の宿泊およびAirbnb体験の予約に適用されます。ただし、Luxeのご予約は適用外となります。*

    ホストがゲストの予約をキャンセルする必要がある場合は?
    個々に発生する予期せぬ事情により、ホストが予約をキャンセルせざるを得ない場合もあるかと存じます。ケガをしてホスティングが困難となったり、宿泊施設に緊急事態が発生したりと、ご自身の管理が及ばない事情によりホスティングができなくなった場合、ペナルティ料金が課されることも、スーパーホストのステータスに影響が及ぶこともなく、引き続き予約をキャンセルすることができます。

    ただし、キャンセルする場合は、その度に慎重にご検討いただきますようお願いいたします。ご自身の経験からもご存知のこととは思いますが、やむを得ない事情とはいえ、ホスト都合によるキャンセルは、旅行者にとって非常に大きな痛手です。

    もしまた感染症の世界的大流行が起きたら?
    まず第一に、私たちはもう二度と世界的大流行が起きないことを願っています。しかし、万が一、生涯のうちに再び世界的大流行が起きた場合には、その発生前に予約していた多くのゲストが改定後の酌量すべき事情ポリシーに基づきキャンセルでき、返金を受けられるべきものと考えます。

    改定後の酌量すべき事情ポリシーから、個々に発生する予期せぬ事情が除外された理由は?
    世界的大流行の状況下でない平常時においては、個々に発生する予期せぬ事情が酌量すべき事情ポリシーに基づくゲストからのキャンセル理由の大半を占めています。

    適切かつ長期的に有効な解決策を提供するため、Airbnbでは、こうしたキャンセル理由に着目しました。2021年1月20日以降、個々に発生する予期せぬ事情により予約をキャンセルするゲストは、酌量すべき事情ポリシーに基づく返金の対象外となります。今後、キャンセルポリシーに例外を適用するかどうかは、ホストの判断にゆだねられます。

    改定後のポリシーの適用対象外となる大規模に発生する事象とは?
    大規模に発生する事象の場合、ポリシーの適用に関する変更はほとんどありません。たとえば、予期せぬ自然災害が原因で旅行ができなくなった場合は、今後もゲストは返金を受けることができます。今回の改定により、ポリシー改定前と比べて、ゲストにはホストが設定しているキャンセルポリシーが適用される機会が多くなります。

    Airbnbではどのような保険を提供しますか?また、ゲストへの提供方法は?
    Airbnbでは、ゲストに旅行保険のオプションを提供すべく取り組んでいます。はじめに米国で提供を開始し、その後世界中にも対象エリアを拡大していく予定です。ゲストは、大手保険会社との提携に基づく旅行保険に加入できるようになります。

    提供開始をお待ちいただく間、新しく作成した旅行保険ページでは、ゲスト向けの旅行保険情報を提供し、旅行保険比較サイトへのリンクを掲載していますので、ぜひご利用ください。こちらのページを活用することで、特定の国と地域のゲストは見積もりを比較し、ニーズに合った旅行保険に加入できます。 ゲストへの旅行保険に関する情報提供について詳しく読む

    改定後のポリシーでは、ゲストは新型コロナウイルス関連の事情を理由に予約をキャンセルできますか
    ポリシーの改定により、新型コロナウイルスに関連する対応が変わることはありません。2020年3月14日以降に確定した宿泊およびAirbnb体験の予約については、ホストまたはゲストが新型コロナウイルスに感染していない限り、新型コロナウイルスの感染拡大に関連するキャンセルは、引き続き除外されます。Luxeの予約には異なるポリシーが適用されますのでご注意ください。

    2020年3月14日以前に確定した宿泊およびAirbnb体験の予約は、引き続き対象となります。酌量すべき事情ポリシーと新型コロナウイルスについて詳しく読む

    ホスピタリティ業界における同様のポリシーと比較して、改定後のポリシーはどのような位置づけにあるとAirbnbは考えていますか?
    改定により、Airbnbの酌量すべき事情ポリシーは業界で最も透明性が高いものとなり、ホストとゲスト双方にとって最適なバランスを実現することができると考えています。

    今回の変更では、これまでホストによって返金されてきたキャンセルの多くが対象外となり、ゲストには、代わりに旅行保険への加入を検討するオプションが提示されます。改定後のポリシーが適用となるのはまだ少し先ですが、今後の変更をあらかじめお伝えさせていただきました。

    改定後のポリシーはヘルプセンターでご確認いただけます。ご不明な点やご意見がありましたら、コミュニティセンターまでお寄せください。また、今回のホスト最新情報でも、Airbnbのグローバルホスティング責任者キャサリン・パウエルがポリシーの改定内容について説明しています。

    Airbnbでホスティングいただきありがとうございます。ぜひ今後とも貴重なご意見をお聞かせください。みなさまのアイディアやメッセージ、コメントがAirbnbの取り組みの糧となります。数週間以内にさらなる最新情報をお届けしますのでお見逃しなく。

    *本ポリシーは、Luxeの予約には適用されません。Luxeの予約には別途Luxeゲスト返金ポリシーが適用されます

    本記事の掲載情報は、公開後に変更されている可能性があります。

    注目ポイント

    • チェックイン日または実施日が2021年1月20日以降の宿泊およびAirbnb体験の予約に適用される酌量すべき事情ポリシーのキャンセル規定を改定いたします

    • 予測も制御も不可能な自然災害およびそれに類する事象は引き続きポリシーの適用対象に含まれます。

    Airbnb
    2020年9月23日
    役に立ちましたか?

    こちらもおすすめ

    こちらもおすすめ

    ほかのトピックを見る