コンテンツにスキップ

Airbnbのホストとして 収入を得よう

どれくらいの収入が見込めるかチェック
/月

Airbnbのホストとして 収入を得よう

どれくらいの収入が見込めるかチェック
/月

2018年6月15日より住宅宿泊事業法施行

住宅宿泊事業法について

新法の内容について、また各自治体の情報はこちらから。

新法の内容について、また各自治体の情報はこちらから。

申請方法

新法の施行により、ホストは住宅宿泊事業者の届出番号を取得することが義務付けられました。 申請方法は地域によって異なります。くわしくはこちらから。

新法の施行により、ホストは住宅宿泊事業者の届出番号を取得することが義務付けられました。 申請方法は地域によって異なります。くわしくはこちらから。

申請代行サービスについて

忙しいホストの方々のために、煩雑な申請手続きを委託できるサービスも用意されています。

忙しいホストの方々のために、煩雑な申請手続きを委託できるサービスも用意されています。

引退後の生活は、穏やかだけど物足りなかった。でもホストをはじめて、いろんな友人が増えたんです。
引退後の生活は、穏やかだけど物足りなかった。でもホストをはじめて、いろんな友人が増えたんです。

<Eikoさん、兵庫県> 美容師として40年間働いた後、現在の家に移る。月に平均6組のゲストを迎える、日本最高齢の人気ホスト

<Eikoさん、兵庫県> 美容師として40年間働いた後、現在の家に移る。月に平均6組のゲストを迎える、日本最高齢の人気ホスト

ホストになる
引退後の生活は、穏やかだけど物足りなかった。でもホストをはじめて、いろんな友人が増えたんです。
引退後の生活は、穏やかだけど物足りなかった。でもホストをはじめて、いろんな友人が増えたんです。

<Eikoさん、兵庫県> 美容師として40年間働いた後、現在の家に移る。月に平均6組のゲストを迎える、日本最高齢の人気ホスト

<Eikoさん、兵庫県> 美容師として40年間働いた後、現在の家に移る。月に平均6組のゲストを迎える、日本最高齢の人気ホスト

ホストになる

ホストになるための3ステップ

自治体への届出

住宅宿泊事業法の施行により、ホストになるためには事前に自治体への届出が必要になりました。(旅館業法の許可や国家戦略特区法の認定をお持ちのホストは不要です)

住宅宿泊事業法の施行により、ホストになるためには事前に自治体への届出が必要になりました。(旅館業法の許可や国家戦略特区法の認定をお持ちのホストは不要です)

リスティングを作成

お部屋の説明や宿泊可能な人数を入力し、写真をアップするだけで、簡単にリスティングを作成できます。もちろんすべて無料です。

料金設定では、参考として推奨価格が提示されますが、宿泊料を決めるのはホスト自身です。

お部屋の説明や宿泊可能な人数を入力し、写真をアップするだけで、簡単にリスティングを作成できます。もちろんすべて無料です。

料金設定では、参考として推奨価格が提示されますが、宿泊料を決めるのはホスト自身です。

ゲストを迎える

家を掃除して、清潔なシーツやタオル、トイレットペーパーなどの必需品を用意しましょう。

予約したゲストとは、Airbnbを通して事前にメッセージをやり取りして、よりくわしい情報を知ることができます。

鍵の受け渡しについても、直接手渡しする以外に、キーボックスの暗証番号を送りセルフチェックインにすることも可能です(※)。

(※)法律や条例に従ってください。

家を掃除して、清潔なシーツやタオル、トイレットペーパーなどの必需品を用意しましょう。

予約したゲストとは、Airbnbを通して事前にメッセージをやり取りして、よりくわしい情報を知ることができます。

鍵の受け渡しについても、直接手渡しする以外に、キーボックスの暗証番号を送りセルフチェックインにすることも可能です(※)。

(※)法律や条例に従ってください。

もしものときも安心

あなたの大切な家に泊まるゲストが、信頼できる人かどうかはとても重要な問題です。 Airbnbでは、予約できるゲストの条件を厳しく設定したり、事前にゲストと連絡を取り合ってトラブルを防ぐこともできます。

また万が一の場合に備えて、補償やサポートなども充実しています。

ゲストは登録時に電話番号などの認証、身分証の提示を義務付けられています。
あなたの家において、ゲストが守らなければならないハウスルールを設定できます。
ゲストについて書かれた、過去のレビューを読むことができます。
24時間、年中無休でサポート(※)が受けられます。(※)日本語のサポートは、8:00~21:00(日本時間)となります。
Airbnbの宿は空き家再生のひとつの方法。管理して旅行者に使ってもらえば、家は生き続けられるんです。
Airbnbの宿は空き家再生のひとつの方法。管理して旅行者に使ってもらえば、家は生き続けられるんです。

<Hiroakiさん、熊本県> 大切なものをカスタムして残すという発想で、建築の仕 事に携わりながら、空き家を再生してホストを務める。

<Hiroakiさん、熊本県> 大切なものをカスタムして残すという発想で、建築の仕 事に携わりながら、空き家を再生してホストを務める。

ホストになる
Airbnbの宿は空き家再生のひとつの方法。管理して旅行者に使ってもらえば、家は生き続けられるんです。
Airbnbの宿は空き家再生のひとつの方法。管理して旅行者に使ってもらえば、家は生き続けられるんです。

<Hiroakiさん、熊本県> 大切なものをカスタムして残すという発想で、建築の仕 事に携わりながら、空き家を再生してホストを務める。

<Hiroakiさん、熊本県> 大切なものをカスタムして残すという発想で、建築の仕 事に携わりながら、空き家を再生してホストを務める。

ホストになる

お金のやりとりもシンプルに

宿泊料は自由に決められる

宿泊料は、あなた自身が決定できます。必要な場合は、Airbnbが推奨価格を提示することも設定できます。

宿泊料は、あなた自身が決定できます。必要な場合は、Airbnbが推奨価格を提示することも設定できます。

Airbnbに支払う手数料はたった3%

ホストのAirbnbへの登録料などは一切かかりません。ゲストがあなたの家に泊まるたび、一律3%の手数料だけお支払いください(※)。(※)2018年8月時点

ホストのAirbnbへの登録料などは一切かかりません。ゲストがあなたの家に泊まるたび、一律3%の手数料だけお支払いください(※)。(※)2018年8月時点

受取りもらくらく

口座振込など、お好きな方法を選び、オンラインで簡単にお手続きできます。

口座振込など、お好きな方法を選び、オンラインで簡単にお手続きできます。

申請から運営まで委託も可能

Airbnbでは、できるだけ簡単にホストをはじめられるよう、法的手続きから家具・家電のリース、予約の管理、部屋の清掃など、すべてをワンストップでサポートする(株)エアトリステイと提携しています(※)。

(※)株式会社エアトリステイ及びパートナー各社がサービスを提供します。

リスティングの準備
法的登録(行政書士法人が行います)
Airbnbへの掲載、写真撮影
予約の管理
ゲストとのやりとり
清掃、リネンの交換

世界中に広がるAirbnbのホスト

290万人

全世界のホスト数

全世界のホスト数

80万人

全世界の1日あたり平均宿泊者数

全世界の1日あたり平均宿泊者数

3億人

通算ゲスト数

通算ゲスト数

よくある質問

Airbnbでホスティングを始める前に、法律や規制の面で気を付けるべきことは何ですか?

Airbnbでホストを始めるかどうか決める際には、お住まいの地域の法令を理解しておくことが重要です。

自治体によっては、短期宿泊客を有料で泊める活動を規制する法律がある地域もあります。これらの法律は市の条例や都市計画法に含まれていることが多いです。物件掲載もしくはゲスト受け入れの前に登記・許可もしくは免許が必要になる自治体も多数あります。また、特定種別の短期賃貸を全面禁止していることもあります。こうした法の施行の仕方は各自治体によって大きく異なり、罰金その他の処罰が科せられることもあります。

これらのルールはわかりにくいものです。そこでAirbnbでは世界各国の行政と連携しながら、ルールの不明な点を一掃し、誰にでも明快にわかる法体系の整備に努めています。

一部の地域においては、Airbnbがホストの地方宿泊税の算出、回収、納税を代行しています。宿泊税は法務管轄区域ごとに算出方法が異なります。Airbnbではなるべく早くこの納税代行のメリットを世界中のホストに拡張できるよう現在作業を進めています。

当面は、Airbnbにお部屋を掲載する前に地元の法令をご確認いただきますようお願いします。詳しくは「ホストの責任」(https://www.airbnb.jp/help/article/1386) ページの「お住まいの市町村の法令」の欄をご覧ください。 Airbnb利用規約(https://www.airbnb.jp/terms)に同意しリスティングを掲載することで、地方の法令を遵守することに同意したことになります。

リスティングの料金はどう設定したらいいの?

料金選びは100%ホストの裁量に任されています。値付けの目安が欲しい場合には、地元の街やエリアで類似の物件を検索して大体の市場相場をつかみましょう。

追加料金 清掃料金: これは宿泊料金に含めてもいいし、「料金設定」で清掃料金を別途請求してもOKです。 その他の料金: 宿泊料金に含まれていない追加料金(レイトチェックイン、ペットの宿泊料金、自転車レンタル代など)を請求するには、予約前にそれが有料であることをゲストに事前通告したうえで、「問題解決センター」を通してセキュアな環境で支払いをリクエストするものとします。料金設定にないお支払いの回収についてAirbnbは責任を負いません。

家主にホスティングのことをどう説明すべき?

<規則と規制> ホスティングを始める前に、どんな契約・規則が自分に適用されるのか把握してください。たとえばリース契約、コンドミニアム理事会規則、集合住宅管理規則、住宅所有者組合 (HOA) 規則、入居者団体の規則など。ゲストやまた貸しに関する規則には特に注意を払い、何か不明な点がある場合は家主さんに尋ねてください。

こうした規則のことは必ずお部屋を掲載する前に把握し、順守していただくようお願いします。すでにお部屋を掲載されている場合は、時間をとってこうした規則やその他お住まいの州や地方自治体の法令もご確認いただき、必ず順守くださるようお願いします。

<良好な第一印象を残す> 家主さんに自己紹介をして、自分の部屋を大切に思っていること、なぜAirbnbでホストになりたいのかという理由を伝えましょう。

・家主さんに自己紹介をして、なぜAirbnbでホストになりたいと考えているのか理由を伝えましょう。直接行えない場合は、メッセージを送ります。 ・あなたが自分の部屋や建物、近隣のことを大切に思っていることを家主さんに伝えましょう。部屋の中を見せたり、写真を渡したりすると良いでしょう。

<万が一の場合はAirbnbのサポートがあることを伝える> Airbnbが信頼で成り立つコミュニティで、日本ホスト保険(https://www.airbnb.jp/jphostinsurance)といった信頼および安全対策を行っていることを家主さんに伝えましょう。

<誰もがハッピーになれるルール作り> 家主さんと共同で、いつ、どのようにゲストを受け入れるのか指針を定めましょう。責任あるホストであることを家主さんに証明すれば、より快くホスティングを認めてもらえます。 ・ゲストを受け入れる頻度を取り決める ・一度に受け入れるゲストを特定の人数に制限する ・各ゲストと自宅や建物のルールを共有し、家主さんにハウスルールの詳細を掲載したリスティングのページを見せる ・ゲストに緊急時の電話番号と、非常口と避難路を示す地図を提供する

<近所の人にも情報を提供する> あなたのAirbnbでのホスティングについて近所の人が安心できるよう万全を期すことで、責任あるホストだということを表明しましょう。Airbnbのホストあるいはゲストに関する問題の報告があれば、当社が問題解決に当たることも知らせるとよいでしょう。

<いつも最新情報を提供する> 予期しない事態を避けるため、家主さんには予約の入った日付を知らせましょう。ゲストを迎える日がいつか分かれば、ホスティングサービスにより安心感を抱いてもらえます。ゲストに許可を得たうえで、誰が部屋に宿泊するのか家主さんが把握できるよう、ゲストの氏名やAirbnbのプロフィールを共有してもよいでしょう。

補助ホストにお願いできる業務にはどんなものがありますか?

補助ホストはリスティングオーナーの物件運用やゲスト対応、もしくはその両方を代行することができます。補助ホストが、希望する担当業務の範囲を決め、細かい部分はオーナーと事前に話し合って決めます。

<補助業務の内訳> 補助ホストが担当できる業務には次のようなものがあります。

・お部屋の準備: Airbnbに一度も掲載されたことのないお部屋の場合は、ゲストをお迎えするお部屋の準備からお手伝いできます。修理のアドバイス、必需品(タオル、トイレットペーパーなど)の購入、鍵保管庫の設置、ハウスマニュアルの作成など。 ・リスティング作成: Airbnbに掲載するお部屋紹介ページ(リスティング)の作成代行。タイトル&説明文の執筆、写真の撮影&アップロード、1泊料金の設定など。 ・ゲストとのメッセージ: オーナー代理でゲストとメッセージのやりとりを行う業務。これは補助ホスト自身のAirbnbアカウントから行えるので、プライバーの心配はありません。ゲストに質問したり、質問に答えたり、到着と出発の段取りを詰めたり。 ・予約管理: 予約受付設定を管理し、予約リクエストの承認や却下を行う業務。 ・入室アテンド: ゲストの入室に立ち会い、お家の中をひととおりご案内し、住宅と周辺エリアのことでわからないことがあれば質問に答える業務。 ・滞在中のトラブル対応: 滞在中に万一のトラブルが発生した際に、連絡窓口を務め問題解決にあたる業務。中に鍵を忘れて締め出されたり、シャワーのお湯が止まったり、ネットがダウンした咄嗟のとき、ゲストは補助ホストに電話で問題解決を求めます。 ・レビュー執筆: オーナー代理でゲストにレビューを投稿する業務。これも補助ホストは自身のアカウントから代行できます。ゲストからはお部屋と補助ホストに関するレビューが届きます。 ・カレンダーと料金設定の更新: 最新の予定に合わせて、リスティングの予約可能状況を更新し、リスティングの料金設定を管理する業務。季節限定、週割などの設定も代行できます。 ・生活必需品の補充: タオル、トイレットペーパー、石鹸など、いくつかの生活必需品を切らさないように確認して買い足す業務。 ・清掃&住宅メンテナンス: 清掃は補助ホストが自力でこなすケースもあれば、プロのハウスクリーニングに任せてしまうケースもあるし、プロの助けを借りながら自力でこなすケース(タオルやシーツ類のお洗濯は補助ホストが担当し、キッチンとバスルームの清掃はプロに頼む、など)もあります。住宅のメンテナンス&修理の手配も担当できます。 ・Airbnbカスタマーサポートへの対応: 宿泊予約やゲストとのトラブルのことでAirbnbにヘルプを求める場合、オーナー代理で連絡窓口を務め、解決までサポートする業務。

<補助ホストができないこと> ・リスティングオーナーの受取金や納税者に関する情報にアクセスすること ・リスティングオーナーがゲストとして楽しんだAirbnbの利用状況を確認すること ・補助ホストとして加わる前に、オーナーがゲストと交わした過去のメッセージの履歴を見ること

安全対策はどんな点に気をつけたらいいですか?

<やりとりは慎重に> まず、支払いとやり取りは常にAirbnb上で行います。ゲストのことを知り、旅行のニーズやお部屋のルールを話し合うときにはかならず、Airbnbのメッセージングシステムを使ってください(こうすれば証拠が残る)。

承認前に予約希望者のプロフィールとレビューに目を通し、電話番号、SNSの認証状況、紹介文の有無を確認します。プロフィールの認証済み項目がゼロなら、いくつか認証を済ませるよう頼んでみます。

自分の直感を信じ、怪しいと感じたらその予約は承認しないように!

<ハウスルール、防災カード、ハウスマニュアルに重要事項を記入> 滞在中のルールはハウスルールとハウスマニュアルにまとめておくと、ゲストに事前通告するのに役立ちます。ここには予約前に知っておいてほしいことをすべて含めます。たとえば禁煙のルール(喫煙OKな場所)、立ち入り禁止エリア、Wi-Fiパスワード、土足厳禁などなど。

万一の緊急時に備えて、通報先、対処、避難場所をゲストに掲示することも大切なことです。これはリスティング管理画面で「ホームセーフティ」のタブを開くと、すっきり手軽に掲示できる防災カードをオンラインで記入できます。ここには緊急通報用電話番号、消火器や火災報知器の場所、非常口ルートなど、ゲストに伝える重要な情報を含めます。作成後は1部刷り出して室内の目立つところに貼っておきましょう。

地域が災害に見舞われ緊急支援活動に参加をご希望の場合は、 お部屋を被災されたみなさまに無料で貸し出すことができます。

<リスティングで予約の要件を設定する> ホストはゲストに「認証済みID」取得など、一定の認証を予約前に済ませるよう求めることができます。

また、リスティングに保証金を追加することで、絨毯にワインがこぼれた場合のような被害に備えることができます。

<「責任あるホスト」のページに目を通す> ホストのみなさまには自らの責任を慎重にお考えくださるようお願いします。ホスティングは豊かな経験になりますが、それには一定のコミットメントが伴います。(https://www.airbnb.jp/help/article/1386)

Airbnbってなに?

Airbnb(エアビーアンドビー)は空き家・空き部屋を持つ人と、宿泊場所を探す旅行者をつなぐオンラインサービス。 ホストはAirbnbのサイトに貸す家や部屋を掲載し、ゲストはそれを検索・予約できます。 2008年にサンフランシスコで創業。現在は世界190カ国で利用されています。

Airbnb(エアビーアンドビー)は空き家・空き部屋を持つ人と、宿泊場所を探す旅行者をつなぐオンラインサービス。 ホストはAirbnbのサイトに貸す家や部屋を掲載し、ゲストはそれを検索・予約できます。 2008年にサンフランシスコで創業。現在は世界190カ国で利用されています。

パートナー企業

さあ、あなたもホストになろう

さあ、あなたもホストになろう

予想月収
予想月収
予想月収
予想月収
7ea7a12ce79accdd78b31edb5d391f01