検索条件を入力すると、検索候補が表示されます。上下の矢印キーを使って確認します。Enterキーを押して選択します。フレーズを選択した場合、フレーズそのものが検索にかけられます。検索候補がリンクである場合、リンク先のページに移動します。
コミュニティポリシー

防犯・監視カメラおよび録画・録音機器の使用

ホストとゲスト双方に安心していただけるよう、防犯・監視カメラや騒音監視装置などのセキュリティ対策は、リスティングの説明文に明確に記載され、他者のプライバシーを侵害しない場合に限り許可されます。機器に関するルールは、すべてのカメラ、録画・録音機器、スマート機器、および監視装置に適用されます。

Airbnbで許可されていること

  • 設置の事実が開示されている、公共スペースや共有スペースのみを対象とした監視機器:公共スペース(例:玄関、私道)または共有スペースのみを表示または監視し、明確に位置が確認でき、予約前に設置の事実が開示されている機器は許可されています。共用スペースには寝室やバスルームは含まれません。

Airbnbで禁止されていること

  • 共有スペースに監視機器を隠して設置すること、および設置情報を開示しないこと。共有スペースを監視する機器はすべて、目に見える方法で設置されていなければなりません。また、設置についてリスティングの説明文に明記する必要があります。
  • ゲスト専用スペースへの機器の設置または同スペースの監視。ゲスト専用スペース(たとえば、寝室やバスルーム、ソファベッドのあるリビングなど寝室として使用されている共有スペース)への監視機器の設置は禁止されています。監視機器の設置は、機器の電源が切られていて、その旨をゲストに事前に開示している場合に限り許可されます。

サポートはおまかせください

ご自身または誰かの身に危険を感じる場合は、直ちに地域の警察当局に助けを求めてください。また、Airbnbのポリシーに違反する行為を見かけた、または経験した場合は、Airbnbまでご連絡ください

こちらのガイドラインは、起こりうる状況をすべて網羅するものではなく、Airbnbのコミュニティポリシーに関する一般的なガイダンスを提供することを目的としています。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事

予約やアカウントなどのヘルプ記事を参照しましょう。
ログインまたは登録