信頼&安全

みなさまの安全が優先。

防災・防犯設備は全宿泊施設に設置が義務付けられています。 Airbnbが推進中の安全対策に加え、宿泊施設での滞在中や旅行中はホストとゲストのみなさまも十分注意を払い、一定の安全対策をとることをおすすすめします。

防止の第一歩は検知から

煙・一酸化炭素検知器は人命救助に役立ちます。 そのため、Airbnbでは、できるだけ多くの宿泊先が検知器を配置するよう働きかけています。 Airbnbでは宿泊施設内への煙・一酸化炭素(CO)探知器の設置、定期点検、リスティングへの設置状況の記載の更新をホストに推奨しています。

ゲストの意識・安全向上のために

煙・一酸化炭素探知器が設置済みかどうかなど、防災機能の情報は、リスティングページに表示されます。 この情報を正確であり、すべての検出器が正しく動作していることを確認することが重要です。

無料の検出器を入手しましょう

リスティング公開中の対象ホストのみなさまには、煙・一酸化炭素探知器(配線不要の電池式)を無償でプレゼントします。 各ホストにつき検出器1つのみが受け取り可能です。 詳しくは利用規約をご確認ください。

煙・一酸化炭素探知器はもう設置済みですか?

リスティングにこの情報を追加し、機器を定期的にテストしてください。 これらの詳細の追加や更新は、アメニティ セクションで行うことができます。下にスクロールしてホーム セーフティを探してください。

ホームセーフティの準備のヒント

Airbnbは米国赤十字会の専門家と提携し、ホストのための安全対策のベストプラクティスを紹介しました。
少なくとも、お家の各階と寝室の外に火災報知器*を設置してください。 月1回テストし、各モデルの必要性に応じ、少なくとも1年に1回は電池を交換します。
一酸化炭素煙(CO)探知器*を寝室近くの廊下に設置しましょう。 換気の悪い四隅を避けながらメーカーの手順に従い、一酸化炭素探知器を毎月点検します。
家電はすべてメーカーの取扱説明書、および地域の建築基準に従って設置されていることを確認しましょう。 家電の多くは専門業者による設置が必要です。
煙突や通気口を含む加熱システムは、閉塞、腐食、部分的および完全な切断がないか、毎年点検および整備をしてください。
緊急事態の対応計画を用意し、すべてのゲストが簡単にアクセスできるようにしましょう。 この計画には、自宅のすべての部屋から脱出する2つの方法と、地元の緊急サービスの連絡先情報が含まれていなければなりません。 火災発生後、ゲストと落ち合う、家から離れた安全な待ち合わせ場所を選択します。
詳しくは、 www.redcross.org/homefiresをご覧ください。
*世界中の読者とコミュニケーションするため、Airbnbは「アラーム」と「検出器」という用語をしばしば互換的に使用しています。
American Red Crossの名前、エンブレム、および著作権で保護された資料は、許可を得て使用されています。どのような製品、サービス、企業、意見、または政治的立場においても、明示または黙示を問わず、いかなる形でも再使用することはできません。 American Red Crossロゴは、American National Red Crossが所有する登録商標です。 American Red Crossについて詳しくは、 redcross.org をご覧ください。