おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    エアストリームをシェアして成功を収めた2人のスーパーホスト

    コロラド州とブリティッシュコロンビア州のホストが小さな空間に大きなアイディアを詰め込みました。
    投稿:Airbnb2021年2月25日
    1分で読めます
    更新日:2022年7月7日

    注目ポイント

    • 2つの異なる国に住む2人の女性が、家族を養うためにヴィンテージのトレーラーでホスティングしています

    • 2人ともユニークなお部屋に対する強い関心があったことで、トレーラーのホスティングをはじめました

    • 2人のトレーラーには異なる個性が反映されていますが、Airbnbでのホスティングでは同様の成功を収めています

    長年にわたり、世界中のAirbnbホストはキャンピングカーやRVを独創的な方法でゲストと共有しながら、ホスティングから得られる多くのメリットを享受してきました。

    KatieさんとZoëさんという 2人のスーパーホストは、それぞれ違う国に住み、一度も会ったことがない上に、所有するトレーラーにもまったく異なるものですが、2人が歩んできたホスティングの道のりは驚くほど似ています。

    若くして母親になったKatieさんとZoëさんは、家族が増えるのを機に大きな家へ引っ越すまで、全長約9.7メートルのヴィンテージのエアストリームに住んでいました。そして2人とも、自分たちのトレーラーとキャリアに新たな目的を生み出すためにホスティングをはじめたのです。

    Katieさんのストーリー

    スーパーホストのKatieさんとご主人のRyanさんは、エアストリームを所有することにある意味、運命を感じました。

    一緒に世界中を旅した2年後、プロセーラーのKatieさんと、自然の力をメンタルヘルスケアに利用するウィルダーネス療法士のRyanさんは、1987年式のエアストリームを購入し、前の所有者の名前にちなんで「Alice」と名付けました。2人はアメリカを横断し、まだトレーラーに住んでいる間に第1子をもうけましたが、その後、コロラド州デュランゴ近郊で海抜2,286メートル、14ヘクタールの敷地に建つログハウスを購入しました。

    KatieさんはRyanさんと出会う前、すでにAirbnbでのホスティングで成功を収めていました。トレーラーでホスティングすることは、次のステップとして当然の選択肢のように思えました。Ryanさんが家のすぐ近くにあるティピーで仕事をする間、Katieさんは自宅で働きながら素晴らしい景色をゲストと共有するという、夢に見ていた自分たちらしいライフスタイルをホスティングで手に入れることができました。

    Zoëさんのストーリー

    一方、ファッションデザイナー兼スーパーホストのZoëさんは、サステナブルな製品を販売するビジネスをはじめる中、余裕を持って購入できる家を探していました。ミニマルなデザインが大好きなZoëさんは、居住しているブリティッシュコロンビア州のソルト・スプリング島で1985年式のエアストリームが販売されていると知って心が躍りました。

    Zoëさんは2人の子どもたちと2年以上そのトレーラーで幸せに暮らしていましたが、その後、3人の子どもを持つ大工である現在のパートナーDanさんと新居に引っ越すことになりました。それでもエアストリームは手放したくなかったので、2人で改装し、何人かの友達がホスティングを楽しんでいたAirbnbに掲載したのです。

    Katieさんと同じく、Zoëさんもホスティングすることで何が実現できるのかを慎重に考えました。その結果、トレーラーを持ち続け、持ち前のデザインスキルを使って日常から離れたほっとできる空間を作り、5人の子どもたちを育てながら自宅で仕事ができるようになりました。さらに、のどかな太平洋岸北西部の風景をゲストと共有できることも大きな喜びとなっています。

    コンパクトな暮らしからフルタイムのホスティングへ

    ZoëさんとDanさんが「島を訪れるのに最適な月」にちなんで「August」と名付けたトレーラーを改装するまで1年かかりました。トレーラーの中にはフルサイズのキッチンとソファを取り付け、トレーラーの隣にはスパ風の浴場を作り、プライバシーを守るためにフェンスを立てました。

    コロラド州のKatieさんとRyanさんの場合、一連の作業は迅速に進みました。2人は自宅のログハウスから60メートル先にエアストリームの「Alice」を設置し、プライバシー保護のためのフェンスと小さなデッキ、そしてネズの木とピニョン松の向こうに雪に覆われた山頂が見渡せる焚火台を作りました。

    トレーラーでゲストを受け入れる準備ができると、ZoëさんとKatieさんには、主にロマンチックな旅や大自然を楽しめる宿泊先を探しているカップルから予約リクエストが殺到しました。

    コロラド州にあるKatieさんのトレーラーでは、アカシカやキツネ、クロクマ、ピューマがヤマヨモギの間を徘徊している姿を見ることができます。また、トレーラー内に飾られたタルチョーやドリームキャッチャー、さらには、キングサイズのベッドの上に広がる星空の下で、地元の醸造所がつくる季節限定クラフトビールを楽しむことができます。

    「自然に触れたい人には最高の場所です」と語るKatieさんは、リスティングのタイトルで山の景色について触れています。「Airbnbに掲載したら、一気に大人気の宿泊先になりました」

    「自然に戻りたい人には最高の場所です」
    Katie, Airbnb Superhost,
    コロラド州デュランゴ

    ソルト・スプリング島を訪れるZoë’sさんのゲストは、曲がりくねったイチゴノキ属の木々や、無駄を省いたインテリアに加えて、ナイトテーブルの引き出しに用意された暖かい靴下のような心づかいに魅了されます。さらには、地元のコーヒーを飲みながらゆっくりとした朝を過ごしたり、景色のよい海岸沿いの道をハイキングしたり、霧の中を静かにとおり抜ける鹿の姿を見たりすることができます。

    「ここに泊まった人は、このトレーラーのような清潔感のある落ち着いた空間にいると、気持ちに大きな変化があらわれることに気づきます」と語るZoëさんは、リスティングの説明文で「ミニマル/ボーホースタイル」を強調しています。「これはとても素敵な贈り物だと思います」

    柔軟性と目的を見出す

    Katieさんは5月から10月の暖かい時期にゲストを受け入れており、この6か月間で約18,000ドルのホスティング収入があるとのことです。現在双子の赤ちゃんとまだ幼い子がいるKatieさんにとって、これは非常に重要な収入源になっています。

    フェリーで行けるソルトスプリング島では、冬の時期は雨が多くどんより曇っていることがありますが、Zoëさんによるとトレーラーには年間を通じて予約が入っており、年間約20,000ドルの収入になるそうです。「ゲストと共有できることが、ホスティングの醍醐味です。ゲストはこのお部屋、サステナブルな生活、コンパクトな暮らし、そしてシンプルなライフスタイルを体験するためにここにやってきます」とZoëさんは言います。

    「ゲストと共有できることが、ホスティングの醍醐味です。ゲストはこのお部屋、サステナブルな生活、コンパクトな暮らし、そしてシンプルなライフスタイルを体験するためにここにやってきます」
    Zoë, Airbnb Superhost,
    ブリティッシュコロンビア州ソルト・スプリング島

    そして、焚き木などのお手伝いをしながらも、ゲストに干渉せず距離を置くという、自分好みのホスティングスタイルを確立しました。「特に長い時間接しなくたって、ゲストとのつながりを感じることはできるんです」とZoëさんは言います。

    同様に、Katieさんにとってもトレーラーは単なる収入源ではありません。トレーラーを持っていることで、ログハウスでゲストを受け入れながら家族をロードトリップに連れて行くことも可能です。さらに、ユニークなリスティングをもう1つ提供できるように、現在ユルトも作っているそうです。

    「私たちにとってホスティングする大きな理由は、自分たちの住む美しい場所をほかの人にも体験してもらいたいからです。自分たちのホスティングがゲストの求めているものとぴったり重なり、ゲストにリフレッシュしてもらえると、心が満たされるんです」とKatieさんは言います。

    キャンピングカーやRVを使ったホスティングにご興味をお持ちですか?

    注目ポイント

    • 2つの異なる国に住む2人の女性が、家族を養うためにヴィンテージのトレーラーでホスティングしています

    • 2人ともユニークなお部屋に対する強い関心があったことで、トレーラーのホスティングをはじめました

    • 2人のトレーラーには異なる個性が反映されていますが、Airbnbでのホスティングでは同様の成功を収めています

    Airbnb
    2021年2月25日
    役に立ちましたか?

    こちらもおすすめ

    こちらもおすすめ

    ほかのトピックを見る