コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    ホストのみなさまの意見を尊重するためのAirbnbの取り組み

    ホストのみなさまの意見を尊重するためのAirbnbの取り組み

    AirbnbホストアドバイザリーボードおよびAirbnbホスト基金についてご紹介します。
    投稿:Airbnb2020年10月30日
    1分で読めます
    更新日:2020年10月30日

    Airbnbは上場企業になる準備を進める上で、ホストのみなさまとのパートナーシップを最重要項目のひとつとして捉えています。Airbnbは、ホストのみなさまと長期的な取り組みを行っていきたいと考えております。世界中のホストの方々との連携を経て、Airbnbはホストのみなさまと対話の機会を持ち、Airbnbを一緒に育てていただけるよう、公式プログラムを立ち上げることといたしました。

    このプログラムは2つの同等に重要な要素によって構成されています。
    • Airbnbホストアドバイザリーボード:Airbnbの多様なホストを象徴するグループが、ホストコミュニティの声を代表し、ホストのアイディアが確実にAirbnbに届けられるよう、Airbnbの経営陣と定期的に話し合いの場を設けます。
    • Airbnbホスト基金:ホストのアイディア実現に向けて投資される資金を提供します。まずはAirbnbの株式920万株が本基金に寄与される予定です。

    ホストのみなさまとの対話の機会を設けることは、ホストコミュニティを支援するプログラムや取り組みに投資することを意味します。Airbnbが企業として次の一歩を踏み出すと同時に、ホストのみなさまの意見が反映されることをより確実なものとします。

    多く寄せられるであろう質問とその回答を以下に用意しましたので、ぜひご覧ください。

    Airbnbホストアドバイザリーボードの役割について教えてください。どのようなことに影響を与えることができますか?
    ホストアドバイザリーボードは、Airbnbホストの声をAirbnbの経営陣に届ける役割を担います。ホストアドバイザリーボードのメンバーは毎月Airbnbと話し合いの場を設け、毎年正式なアドバイザリーボードフォーラムをAirbnbの幹部とともに開催し、ホストコミュニティから収集した提案を発表することになります。また、進捗状況に関してホストコミュニティに定期的に報告する役割も担います。

    Airbnbホスト基金の資金が配分できる状況になった際に、投資先を決定に影響を与えるのもホストアドバイザリーボードが持つ重要な役割です。これには、ポリシーの変更、補助金プログラム、新プロダクトのコンセプトが含まれます。また、ホストアドバイザリーボードは今後もAirbnbのロードマップや長期計画に影響を与え続けるものでもあります。

    Airbnbホストアドバイザリーボードのメンバー構成について教えてください。また、どのようにしてメンバーを選出するのですか?

    2021年においては、コミュニティリーダープログラムのメンバーの中から10~15名にホストアドバイザリーボードに参加していただく予定です。これには、コミュニティセンターで積極的にご活躍中のホストが含まれます。メンバーの選出に際しては、地域、人種、性別、社会経済的背景、ホスティングの種類をはじめとする多様性が確保されるよう配慮いたしました。

    初期メンバーの在任期間は1年間です。この在任期間中に、今後のアドバイザリーボードメンバーの選出基準およびプロセスを決定していただきます。年末までに初期メンバーをご紹介いたします。なお、コミュミティリーダープログラムにつきましては、日本は11月中旬以降にご案内を予定しております。

    Airbnbホストアドバイザリーボードは私の意見をAirbnbの経営陣にどのように代弁してくれますか?
    ホストアドバイザリーボードの役割は、話し合いの場でホストの発言権を確保することです。

    • Airbnbとの毎月の会議や、毎年開催される正式なアドバイザリーボードフォーラムに参加し、ホストのアイディアを伝えることにより、ホストアドバイザリーボードはAirbnbホストとAirbnb経営陣の対話の正式な窓口となります
    • ホストコミュニティに対して定期的に会議での決定事項や最新情報を伝えます
    • 創設グループについては、将来的にホストアドバイザリーボードを務めていただくメンバーの選出プロセスを決定し、ホストコミュニティからのアイディアの正式な提出システムも構築します
    ホストのみなさまのご意見を聞き逃すことのないよう継続的に開催しているフィードバックセッションやワークショップがホストアドバイザリーボードの基盤です。これを踏まえて、Airbnbは、ホストアドバイザリーボードのメンバーのご意見がプログラムの重要な要素に反映されるようにしたいと考えています。Airbnbでは、はじめからホストアドバイザリーボードのご意見を取り込んでいきたいと考えておりますので、年末までには、就任後のホストアドバイザリーボードのメンバーとのミーティングを開始する予定です。

    アイディアはどのように提出できますか?また、実際に検討されているかどうかはどのように確認できますか?
    正式なアドバイザリーボードフォーラムの場でAirbnb経営陣に提案されるアイディアをホストが提出できるシステムを、就任後の新しいホストアドバイザリーボードと協力して構築してまいります。ホストアドバイザリーボードの初期メンバーをご紹介させていただく際には、これに関する詳細もお伝えさせていただく予定です。

    基金とは何ですか?
    基金とは組織が指定する特定の目的やプログラムのために資金(この場合は、株式)を確保すべく利用される財団のことです。その多くが、非営利団体や大学と関連づけられています。

    基金は「元本」(この場合は、10億ドルが目標)を保有することにより、可能な場合に元本から得た利息や元本の増加分を投資することで、組織を長期的に支えられるようにします。

    例をあげて説明します。ある大学に1億ドルの基金があり、利息によりこれが毎年5%ずつ増える場合、毎年500万ドルを奨学金などに充ててても、資金が枯渇することはありません。

    Airbnbホスト基金について教えてください。
    Airbnbでは、会社としての成功をホストのみなさまと分かち合いたいと考えています。Airbnbホスト基金はAirbnbが立ち上げた基金で、まずはAirbnbの株式920万株が資金提供される予定です。かかる株式の価格が10億ドルに達した場合は、その時点より、10億ドルを超過した金額分をAirbnbホストをサポートするプログラムや提案内容の実現のために投じていく予定です。

    本プログラムの設計する際に、ホストのみなさまから柔軟性を持たせてほしいとの声をいただきました。この点が、基金の活用方法についてホストコミュニティから新たなアイディアとフィードバックを求めること、および、そのフィードバックに基づき、年ごとに資金を投じるプログラムを変更する可能性があることの理由となっています。

    基金の資金はどのように分配されますか?
    本基金はホストの支援を目的に作られました。年間の資金配分は、ホストのみなさまから寄せられたフィードバックや、ホストアドバイザリーボードによって決められます。支援を必要としたり、特定の目標を達成した小規模のホストグループに注力したり、全員のためになる新しいプロダクトに投資したりと、さまざまな配分が考えられます。

    これまでのホスト向けワークショップで候補として出されたプログラム案には、次のようなものがあります。

    • 危機発生時に使用するホスト向けの緊急用資金
    • ホストの成功をサポートする新しいプロダクトへの投資
    • Airbnbのミッションを最も推進させたホストからなる厳選されたグループへの受取金(年1回)
    • ホストおよびその家族の教育費を支援する補助金プログラム

    本プログラムは柔軟に運営されます。また、2020年度スーパーホスト救済基金からの学びに基づき、毎年の資金配分を決める際、ホストはコミュニティへの投資方法に関して影響を与えられるようになります。

    基金の開始時からホストアドバイザリーボードの考えを取り入れるため、本年度末までにホストアドバイザリーボードとの話し合いの場を設け、取り組み方を協議する予定です。

    資金の使い道は誰が決めますか?
    Airbnbでは、ホストを支援し、ホストのアイディアやフィードバックによって運営方法が決まる持続的な基金を設立したいと考えています。資金の分配方法に関して最終的な意思決定権を持つのはAirbnbですが、決定はホストコミュニティからの助言やフィードバックを基に行います。

    ホストアドバイザリーボードは、Airbnb経営陣との話し合いの場を定期的に設け、アイディアの実現に向けて議論を重ねることになります。ホストコミュニティからアイディアをすくい上げるための正式なアドバイザリーボードフォーラムも立ち上げる予定です。

    資金の使い道に関して、Airbnbに最終決定権がある場合、この基金は本当にホスト主導のものと言えるでしょうか?
    本プログラムの成功には、ホストのみなさまに「エンパワーされたと実感し、支援されている」と感じていただくことが欠かせません。本プログラムは、Airbnbの全体の取り組みに欠かせない構成要素です。Airbnbでは、長い期間をかけてホストコミュニティへの投資方法を決められるよう、ホストのみなさまに意見共有の機会や正式な提案プロセス、そして意義のある資金提供ができる一連のプログラムを策定したいと考えております。

    すべての投資に対する最終判断はAirbnbが行いますが、資金を提供する提案はホストコミュニティが申請、もしくは形作ったものになります。

    Airbnbホスト基金が10億ドルに達するまで資金の利用を待つのはなぜですか?
    本基金はホストに対する長期的な投資であり、Airbnbが存続する限り継続していくことを予定しています。基金を成功させることで、今日のホストだけでなく、これからAirbnbコミュニティに参加する未来のホストも支援したいと考えています。

    基金をまず10億ドルに到達させることで、今後新しい提案やプログラムのために資金を使用できる機会が増え、ホストのみなさまの提案実現に向けて長期的な目線で資金面での支援を行えるようになります。

    基金の資産については定期的にお知らせいたします。また、基準となる10億ドルに達するまでAirbnbコミュニティから引き続きフィードバックや提案を収集し、今日の取り組みと同様の資金提供を進めていくつもりです。

    基金の資産が減少したり、10億ドルに達しなかった場合はどうなりますか?
    基金の資金が10億ドルに達することを願っています。また、長期的には基金に対してAirbnbの企業価値の最大2%に値する株式を追加で拠出する可能性もあります。

    それまでの間、Airbnbではホストアドバイザリーボードの支援と影響力を受け、引き続きホストコミュニティから寄せられたアイディアや提案の実現に投資を行なっていきます。

    Airbnbコミュニティ向けの補助金と、その仕組みについて教えてください。
    基金の資金が10億ドルに達する前に、Airbnbでは毎年1,000万ドルの補助金を提供する予定です。資金は直接Airbnbから提供され、ホストのみなさまが暮らすコミュニティの非営利団体や取り組みを支援していきます。ホストアドバイザリーボードは、ホストからのフィードバックに基づいて支援対象者の選定に影響を与えることができます。

    これらの取り組みはどのように発展させたものですか?
    ホストのみなさまから寄せられた幅広いフィードバックが取り組みの礎となっています。さまざまなホストとの一連のワークショップやフォーカスグループとのやり取りを通じて、2019年と2020年にフィードバックを収集し始めました。取り組みはすべてホストとの協力関係に基づいて設計されていきます。これはAirbnbのビジョンに沿ったもので、過去1年間の間にホストと共に行ったワークショップから直接生まれたものでもあります。

    Airbnb
    2020年10月30日
    役に立ちましたか?

    こちらもおすすめ

    こちらもおすすめ

    ほかのトピックを見る