検索条件を入力すると、検索候補が表示されます。上下の矢印キーを使って確認します。Enterキーを押して選択します。フレーズを選択した場合、フレーズそのものが検索にかけられます。検索候補がリンクである場合、リンク先のページに移動します。
入門ガイド
ホスト

ホストカレンダーを最新の状態に保つ

予約を管理しキャンセルを避けるには、カレンダーを最新の状態に保つのが一番です。日付は予約可能日として設定することもブロックすることもできますので、リスティングに興味を持っているゲストに予約可能かどうかが明確に伝わります。

カレンダーの日付けを予約可能または予約不可に設定する

  1. カレンダー」にアクセスし、リスティングを選択
  2. 1つ以上の日付を選択
  3. 予約可能状況」で、「予約可能」または「予約不可」を選択
  4. 保存する」をクリック

カレンダー上の予約可能日は、白で表示されます。自動ブロックによる予約不可の日はグレー、手動ブロックによる予約不可の日は斜線入りで表示されます。

:ホストは、ご自身がキャンセルした予約の日付と、連携中または同期中のカレンダーから予約が入った日付を除き、カレンダーのどの日付のブロックも解除することができます。連携中・同期中のカレンダーについては、以下でも触れています。

カレンダーの日付がブロックされる理由

カレンダーの日付は、次のようなさまざまな理由でブロックされることがあります。

  • リスティングの設定:ホストは予約締切日や予約と予約の間に必要な準備期間を決めることができます。その設定に合わせてカレンダーの日付が自動的にブロックされます(例:清掃強化のため、予約と予約の間を48時間空けたい場合)。次の予約までの準備期間を設定する方法はこちらをご確認ください。
  • その他のカレンダー:ホストは複数のリスティングのカレンダーを連携したり、Airbnbカレンダーを他のサイトのカレンダーと同期したりすることができます。このような場合、別のゲストによる重複予約を防ぐためにカレンダーの日付がブロックされます。
  • 保留中の旅行リクエスト:保留中の旅行リクエストがある場合、リクエストを承認または却下するまで、その日付はブロックされたままになります。24時間以内に返答しない場合、該当する日付はブロックされたままになります。ブロックは手動で解除できます。保留中の旅行リクエストに関する通知を受け取るには、通知設定を調整してください。
  • 確定済みの予約:旅行リクエストを承認すると、その日付はカレンダーで自動的にブロックされます。
  • 予約のキャンセル:ホストが確定済みの予約をキャンセルした場合、その日付はブロックされたままとなります。ホストが予約をキャンセルした場合の詳細をご確認ください。
  • 期限切れの旅行リクエスト:返答前に旅行リクエストが期限切れになった場合、その日付は自動的にブロックされます。この日付のブロックはカレンダーから手動で解除できます。
  • 情報の不備:アカウントに必要なすべての情報を提供していない場合、Airbnbはカレンダーをブロックすることができますので、すべてが最新の状態であることをご確認ください。

問い合わせや招待が予約可能状況に与える影響

  • ゲストが旅行リクエストを送信する前に特定の日付について問い合わせた場合:複数のゲストが問い合わせできるように、保留中の旅行リクエストが入るまでこれらの日付は予約可能のままとなります。「今すぐ予約」をオンにせずに予約招待を送信する場合、ゲストが予約するか24時間後に招待が期限切れになるかのいずれか早いほうまで、これらの日付はカレンダーで自動的にブロックされます。
  • 予約招待を送り、ゲストが今すぐ予約できるようにする場合:ゲストが予約するか、24時間後に招待が期限切れになるかのいずれか早いほうまで、日付をブロックするかどうかを選ぶことができます。日付をブロックすれば、ゲストは予約の機会を確保できます。この設定は、予約招待を取り消すことでいつでも変更できます。

予約増加につながる料金設定のヒントはリソースセンターでご確認いただけます。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事

予約やアカウントなどのヘルプ記事を参照しましょう。
ログインまたは登録