テンダーロイン (Tenderloin)

活気あふれるアートと街路風景が、この洗練されていない中央界隈に集結している。

路上生活のハブとして知られるサンフランシスコの中心地。福祉サービスと気さくなバーが多い。さまざまな人が集まっており、冒険好きな人は味覚抜群の安食堂、色あせた歴史建造物、色鮮やかなミューラルアートが楽しめる。テンダーロインの豊かな多様性と建築のポテンシャルに着目し、住民とアーティストがイメージ刷新に取り組んでいる。

宿泊物件を見る このエリアを保存

地図

テンダーロイン (Tenderloin)に隣接する地域はシビックセンター (Civic Center)ダウンタウン (Downtown)ノブヒル (Nob Hill)SoMaウエスタンアディション/ノパ (Western Addition/NOPA)

サンフランシスコ空港:渋滞がなければタクシーで25分、BARTで48分
ゴールデンゲートパーク:公共交通機関で43分
フィッシャーマンズワーフ:公共交通機関で30分
フェリービルディング:公共交通機関で17分

  • 公共交通機関の移動 簡単
  • 車での移動 困難

サンフランシスコの中心に忽然と現れる過激なゾーン

SF Tenderloin OdessaShekar

テンダーロインは看板も色あせてるし、街灯はチカチカ点滅していつ球が切れるかわからないようなのばかり。足を踏み入れる度胸のある人はそういない

SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar

でも粗暴な外面をひと皮むけば、中身は意外と陽気

SF Tenderloin OdessaShekar

ここにも人の営みはある。建物の奥にはレストラン、歩道には露天。みんな商売をしている。

SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar

コーナーストアの文化

SF Tenderloin OdessaShekar

コーナーストア(日用品雑貨店)のカジュアルな雰囲気がテンダーロインにはまだある。

SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar

地元の人が経営し、地元に愛されている小さな商店が沢山

SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar
アッパーテンダーロインは今は夜のホットスポット。バー、水タバコのラウンジ、深夜営業のレストラン、ツァイトガイスト求めて街中の若者が集まってくる。確かに最近、昼間はちょっと粗っぽい面もあるけどね。劇場街に近いこともあって100年以上前から金持ちが夜遊びにくる歓楽街でもあるわけだが、決して高級化が進むような大人しい街じゃない。この先もきっとそうはならないだろうね。"
Pixel

Scott

Downtown Penthouse w/Terrace/HotTubのホストさん

テンダーロインの成長しつつあるナイトライフ

SF Tenderloin OdessaShekar

夜になり、鍵をかける店もあれば、ドアを開ける店もある。

marcolivierleblanc

新しいバーが進出し、テンダーロインのナイトライフは注目を集めてきている。

marcolivierleblanc
marcolivierleblanc MReleased44
marcolivierleblanc MReleased40
SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar

いい店をひとつ押さえておけば、全部知る必要はない

SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar
SF Tenderloin OdessaShekar

Tender is the night(夜はやさし)―F・スコット・フィッツジェラルド

テンダーロインは昔から色んな人が集まるところとしての歴史があるの。ザワザワした雰囲気が好きでない人には向かないかも。道端にカフェやコーヒーショップはないけれど、そういうのがあるエリアにはとても近いところよ。"
Pixel

Morgan

Hip Downtown Studioのホストさん

写真について

その街のスピリットを的確に捉えるため、Airbnbでは世界各地を拠点に活躍するフォトグラファーと提携しています。このページの写真提供は:

建築士を目指して勉強した後、フォトグラファーに転身したオデッサ。撮影対象は多岐にわたる。家族、子どもや生まれたばかりの赤ちゃんの写真に定評があるが、建築物の撮影も得意とする。地元のサンフランシスコで夫と娘とともに暮らしている。

Marc Olivier Le Blanc

ウェブサイトを見る

マーク・オリビエ・ル・ブランは広告・雑誌の人物撮影が専門だ。今はサンフランシスコでも賑やかなミッション地区在住だが、このプロジェクトでは祖国フランスに戻って旅行者の視点からパリを撮影する仕事も担当した。平凡なものも非日常的なものも何か素晴らしいものに変える―そんな写真を常に目指している。

全てのご近所ガイド