ソーホー (Soho)

エネルギーに満ち溢れるロンドン中心界隈は、バーやギャラリー、そして活気のあるLGBTシーンのホームだ。

イギリスの有名なスパイ、ジェームズ・ボンドのように、この街には2つの顔がある。ソーホーのうす汚れた通りには、こぎれいなレコード店やおしゃれなギャラリーが立ち並ぶ。人々はこの流行の発信地に集まってきて、情熱的な過去とトレンディな現在とを経験する。ソーホーのレッドライトのルーツとビート世代の砦は、流行に敏感なパブ、深夜営業のコーヒー・ショップ、ビンテージ・ブティックへと堅実に生まれ変わり、この街の石畳に四六時中響きわたる音を快く受け入れている。

宿泊物件を見る このエリアを保存

地図

ソーホー (Soho) はシティ・オブ・ウェストミンスターとウェスト・エンド (The West End) 内に位置し、 隣接する地域はコヴェントガーデン (Covent Garden)メリルボーン (Marylebone)、カムデン自治区、セントジェームズ (St. Jame's)ブルームズベリー (Bloomsbury)フィッツロヴィア (Fitzrovia)メイフェア (Mayfair)

ロンドンアイ:地下鉄で15分
ロンドン塔:地下鉄で30分
ヒースロー空港:地下鉄で60分
ガトウィック空港:地下鉄と電車で55分
キングスクロス駅:地下鉄で17分
ナショナルギャラリー:徒歩7分

  • 公共交通機関の移動 簡単
  • 車での移動 困難

The Beating Heart of London

R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
DSC0996
R1

Chinatown In Soho

R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1

A Different Kind of Theatre in Soho

R1
R1
R1
R1
R1
R1

Soho's Sultry Side

R1
R1
R1
Soho Carr
Soho Carr
Soho Carr

All Day and All Night

Soho Carr
DSC0954
Soho Carr
Soho Carr MRelease
Soho Carr
Soho Carr
Soho Carr
Soho Carr
Soho Carr
Soho Carr
Soho Carr
Soho Carr
Soho Carr
Soho Carr
DSC0990

写真について

その街のスピリットを的確に捉えるため、Airbnbでは世界各地を拠点に活躍するフォトグラファーと提携しています。このページの写真提供は:

人生最初の20年ぐらいを米ミシガン州の大地で過ごした後、Tec Petajaは中央アジアを隈なく旅し、インディアナとハワイに住み、最後は米テネシー州ナッシュビルに家を見つけた。今はそこに妻とふたり暮らし。
Sophie Carrはロンドンに住むフリーの旅行写真家で、風景と都市の写真が専門だ。旅が大好きで、世界の果てまで旅したが、故郷はずっとロンドンだしここに骨を埋めるつもり。郊外で育って、もう20年近くロンドンに住んでいる彼女だが、未だに市内のいろんなエリアを探検するのが楽しくてしょうがない。Airbnbに地元の写真を撮れて本当に嬉しかった。この写真を見て少しでも多くの人にここに来てもらえたら、と願っている。

全てのご近所ガイド