クラパム (Clapham)

カフェ、ガストロパブ、感じの良い緑地は、クラパムに住む家族、学生、街の訪問客に親しまれている。

かつては「平凡な人」の住む平凡な街と呼ばれたロンドン南西のクラパムは、1980年代から着実に変貌を遂げた。今では海外からの移住者や新卒の若者が住む文化的な街になっている。通勤にも便利だけど、地元のカフェ、パブ、ワインバーが落ち着いた雰囲気を好むのんびりとした人々を引き寄せ、独自の人気スポットになりつつある。

宿泊物件を見る このエリアを保存

地図

クラパム (Clapham)に隣接する地域はナイン・エルムズ、サウスランベス、ブリクストン (Brixton)ストックウェル (Stockwell)、ワンズウォース自治区、ランベス自治区、バタシー (Battersea)、ストレッタム(Streatham)、バーラム (Balham)

ロンドンアイ:地下鉄で35分
ロンドン塔:地下鉄で40分
ヒースロー空港:地下鉄で70分
ガトウィック空港:地下鉄と電車で70分
キングスクロス駅:地下鉄で40分
ナショナルギャラリー:地下鉄で40分

  • 公共交通機関の移動 簡単
  • 車での移動 可能

隣近所みんな顔なじみ

UK London Clapham RD

クラパムで毎日お世話になるレストラン、お店、カフェ。温かくて敷居が全然高くない

UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD

この自転車はあの家の子で、この車はあの家の旦那、あの声は角のおかみさん

UK London Clapham RD
UK London Clapham RD

住人同士お互いの顔をよく見知ってる。クラパムはそんな街

UK London Clapham RD

カフェはカジュアル、バーテンダーはクール

UK London Clapham RD

クラパムハイストリートとヴェンストリートに行くと、専門店、和めるカフェ、オーガニック野菜のマーケットなんかがポツリポツリとある

UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD

緑豊かな公園

UK London Clapham RD

地元民に愛される公園「クラパム・コモン」。毎日のジョギング、休息、犬の散歩にぴったりだね

UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
DSC0420
DSC0424

優美な建築

UK London Clapham RD

クラパムには上質なヴィクトリアン建築がいくつか残っている

UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD
UK London Clapham RD

夜はクラパムハイストリート

Clapham High Street Carr

牧歌的なクラパムも週末と夜は別だ

Clapham High Street Carr

若いプロフェッショナルが近場のバー、クラブで踊り騒ぐ

Clapham High Street Carr
Clapham High Street Carr
Clapham High Street Carr
DSC0448

ライブが聴けるお店では、ヴェンストリート・レコーズが人気

DSC0479
DSC0481
DSC0484
Clapham High Street Carr
Clapham High Street Carr

盛り上がり度ではテムズ南岸でベストだって話

写真について

その街のスピリットを的確に捉えるため、Airbnbでは世界各地を拠点に活躍するフォトグラファーと提携しています。このページの写真提供は:

Sophie Carrはロンドンに住むフリーの旅行写真家で、風景と都市の写真が専門だ。旅が大好きで、世界の果てまで旅したが、故郷はずっとロンドンだしここに骨を埋めるつもり。郊外で育って、もう20年近くロンドンに住んでいる彼女だが、未だに市内のいろんなエリアを探検するのが楽しくてしょうがない。Airbnbに地元の写真を撮れて本当に嬉しかった。この写真を見て少しでも多くの人にここに来てもらえたら、と願っている。
Rebecca Dukeはロンドン芸大セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ在学を経て10年前からフォトグラファーとして働いている。人、インテリア、旅が主なテーマで、掲載メディアは The Sunday Times、Elle Decor、Conde Nast Traveller。出張でしょっちゅう飛び回ってるRebeccaだが、今回はロンドンの地元が撮れて楽しかった。撮影で出会ったロンドンの温かさはこの「生粋のロンドンっ子」にとっても良い意味で驚きだった。

全てのご近所ガイド