コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    旅行者がより柔軟な旅行を計画するのを支援する取り組み

    旅行者がより柔軟な旅行を計画するのを支援する取り組み

    柔軟な予約で次の旅行計画を立てる方法をご紹介します。
    投稿:Airbnb2020年3月23日
    1分で読めます
    更新日:2020年3月25日

    Airbnbをご利用いただいているゲストの多くがこの時期に休暇や旅行の計画を立てます。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による不安から、今後の旅行計画をいつから立て始めるべきか、計画を立てるべきか、多くの方が疑問を感じていらっしゃることと存じます。Airbnbがサポートさせていただきます。

    旅行者の方々にもっと安心して計画を立てていただくため、より柔軟な選択肢を見つけやすく、予約しやすくなるようにしています。より柔軟にご予約いただくための新機能やおすすめをご紹介します。

    1.キャンセルポリシーフィルター
    柔軟なキャンセルポリシーが設定されている宿泊先を簡単に検索・予約できる新しい検索フィルターを追加しました。予約を確定する前に、ご自身のニーズに適したキャンセルポリシーを選択することができます。

      • 柔軟:到着1日前までにキャンセルすれば、宿泊料金を全額返金
      • 普通:到着5日前までにキャンセルすれば、宿泊料金を全額返金
      • 厳格:到着1週間前までにキャンセルすれば、宿泊料金を50%返金

      2.Airbnbのゲストサービス料を全額返金
      Airbnbは、状況が刻々と変化を続けていることを認識しております。その中で、旅行者のみなさまには安心して今後の旅行を計画していただきたいと考えています。2020年3月10日から2020年6月1日までのあいだに確定した予約については、キャンセルが必要となり、Airbnbゲストサービス料の返金が適用されない場合、今後の旅行にご利用いただける旅行クーポンとして返金いたします。

      旅行クーポンは、プロフィールから「アカウント」を選択し、「支払いと受取金」を選択するとご確認いただけます。次回の予約時に、予約料金に適用できる支払いオプションとして旅行クーポンが表示されます。

        3.新しいツールを使用して返金手続きを早めよう
        「普通」または「厳格」なキャンセルポリシーが設定されている旅行のキャンセルに対応するため、新しいツールを導入しました。本ツールを使用することで、新型コロナウイルスの影響により旅行を遂行できなくなったゲストに対し、ホストは簡単に返金できるようになります。ホストの方々は自らキャンセルポリシーを設定しており、その多くがAirbnbからの収入で生計を立てています。「普通」または「厳格」なキャンセルポリシーが設定されている予約について、ホストが返金に対応できない場合は、そのような理由があることをご理解いただけると幸いです。

          すでに旅行の予定が決まっている場合は、Airbnbの酌量すべき事情ポリシーによる全額返金の対象となる可能性があります。本ポリシーに基づきキャンセル料が免除となる予約の対象範囲については、こちらのヘルプセンターのページをブックマークに登録し最新情報をご確認いただくことをおすすめします。

          ゲストのみなさまがご旅行に関して適切な判断を下せるよう、ポリシーの更新をはじめ、Airbnbではさまざまなサポートを実施してまいります。さらなる最新情報や更新内容については、Airbnb.com/COVIDを随時ご確認ください。

          Airbnb
          2020年3月23日
          役に立ちましたか?

          こちらもおすすめ

          こちらもおすすめ

          ほかのトピックを見る