コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    適切なキャンセルポリシーの選び方

    お部屋とホスティングスタイル最適な方法を見つけよう。
    投稿:Airbnb2019年11月20日
    1分で読めます
    更新日:2019年11月20日

    注目ポイント

    • 適切なキャンセルポリシーはホストとリスティングによって異なり、各ポリシーには長所と短所があります

    • 「普通」のポリシーは柔軟性を保ちつつ、ホストを保護します

    • キャンセルポリシーが「普通」または「柔軟」の場合、返金不可のオプションを提供し、両方のいいとこ取りをすることも可能です

    時には、ゲストは予約をやむを得ずキャンセルしなければならない場合があります。 そのため、Airbnbでは柔軟、普通、厳格のキャンセルポリシーを提供しており、ホストが求める予測性とゲストが求める柔軟性との両立が可能です。

    • キャンセルポリシー「柔軟」:チェックイン24時間前までにキャンセルすれば、全額返金されます(Airbnbゲストサービス料が差し引かれることもあります)。 チェックインまで24時間を切ると最初の1泊分は返金不可ですが、残りの泊数分は全額返金されます。
    • キャンセルポリシー「普通」:チェックイン5日前までにキャンセルすれば、全額返金されます(Airbnbゲストサービス料が差し引かれることもあります)。 チェックインまで5日を切ると最初の1泊分は返金不可ですが、残りの泊数分は50%返金されます。
    • キャンセルポリシー「厳格」:予約後48時間以内かつチェックイン14日前までにキャンセルすれば、全額返金されます(Airbnbゲストサービス料が差し引かれることもあります)。 チェックインの7~14日前までのキャンセルの場合、50%返金されます。 その後は返金は発生しません。

    Airbnbのキャンセルポリシーページで、滞在中のゲストによるキャンセルなど、さらに詳しい情報をご覧ください。 イタリア国内の予約には通常と異なるキャンセルポリシーが適用されます。

    どのポリシーを選ぶべき?

    適切なポリシーは、キャンセルでホストや宿泊施設がどの程度影響を受けるかによって変わります。 個室、まるまる貸切のどちらを掲載していますか? 自宅近く、それとも離れていますか? ホスティング業務はすべてご自身で行っていますか、それとも手伝ってくれる方がいますか? 以上の質問と市場要素を考慮した上で、ご自身にぴったりなキャンセルポリシーをお選びください。

    「厳格」のポリシーが最適なケース

    「厳格」なポリシーを選ぶと、ゲストが予約を思いとどまることもあり得ますが、この設定が妥当な場合もあります。 次のようなケースでは「厳格」がおすすめです。

    • ホストにとってキャンセルが大きな不都合となる場合。このポリシーではキャンセルのリスクを大幅に抑えることができます。
    • ハイシーズンのバケーションレンタルの場合。エリア内で予約を希望する旅行者が多い場合は、ポリシーをより厳格にすることができます。 また、ハイシーズン中には重要な収益を逃さないようにするのも需要です。

    「柔軟」または「普通」のポリシーが最適なケース

    ゲストは「柔軟」と「普通」のポリシーを好む傾向があり、可能な限りの集客アップを目指すなら、このいずれかのポリシーを採用することが合理的です。 「柔軟」または「普通」のポリシーが最適なケースは次のとおりです。

    • キャンセルが発生してもあまり問題にならない。ゲストが直前にキャンセルしても問題なく適応できる場合は、 柔軟に保つことがおすすめです。
    • リスティングが競争の厳しい市場にある。より柔軟なポリシーでゲストを呼び込むことが可能になります。
    • バケーションレンタルを掲載中で、今は閑散期である。閑散期は料金設定を調整し、柔軟に対応して集客することを検討しましょう。

    「普通」は「柔軟」と「厳格」の中間的な立ち位置にあります。 直前のキャンセルを回避しつつ、予約を決めかねているゲスト(返金可能なリスティングを予約することを求められることが多い出張者など)を惹きつけることができます。 さらに、Airbnbのデータでは、ポリシーを「普通」に設定しているホストの宿泊完了率が最も高い傾向にあることがわかっています。

    いいとこ取り

    両方のいいとこ取りをするには、 「柔軟」または「普通」と同時に、返金不可のオプションを10%割引で提供してみましょう。 そうすることにより、収益の大部分が保護されるだけでなく、予約数の増加にもつながります。 マーケットプレイスのテストデータでは、このオプションを提供するホストは、「柔軟」または「普通」のポリシーを単独で提供するホストに比べ、収益が多いことが明らかになっています。

    注目ポイント

    • 適切なキャンセルポリシーはホストとリスティングによって異なり、各ポリシーには長所と短所があります

    • 「普通」のポリシーは柔軟性を保ちつつ、ホストを保護します

    • キャンセルポリシーが「普通」または「柔軟」の場合、返金不可のオプションを提供し、両方のいいとこ取りをすることも可能です

    Airbnb
    2019年11月20日
    役に立ちましたか?

    ほかのトピックを見る