おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    イラクから移住した難民家族がデンバーで再出発するまで

    あるホストは初対面の家族を迎え入れ、新たな生活をはじめるお手伝いをしました。
    投稿:Airbnb2018年6月13日
    1分で読めます
    更新日:2020年12月7日

    注目ポイント

    • Airbnbのオープンホームプログラムを通じ、Susanさんはイラクからの難民Mousaさんの受け入れについて連絡を受けました

    • Susanさんはご夫妻で、デンバーの自宅にMousaさんと奥さん、2人の息子さんを迎え入れました

    • この経験をきっかけに見知らぬ人同士が家族になりました

    オープンホームはAirbnb.orgになりました
    Airbnbのオープンホームプログラムは、米国内国歳入法典第501条c項3号に基づく非営利団体「Airbnb.org」に新しく生まれ変わりました。オープンホームのコミュニティを共に作り上げていただき、ありがとうございます。この新たなステージにご参加いただき、誠にありがとうございます。

    イラクからの難民MousaさんをホスティングできないかとInternational Rescue Committeeから声がかかったとき、Susanさんはすぐさま「はい」と返事をしました。その経験は、双方にとって大きな変化をもたらすことになりました。

    米国の通訳として働いていたときに殺害の脅迫を受けたMousaさんは、家族と共にイラクを離れ、まったく新しい土地に移住しました。新天地での生活に慣れるには時間がかかりましたが、Susanさん、そしてデンバーの地元コミュニティと家族のような付き合いを育んでいくことで、Mousaさんの不安感は和らいでいきました。

    「見知らぬ人であっても、一度関わり合ってみれば、みな同じ人間だということに気づきます」とホストのSusanさんは語ります。「違いより共通点の方がはるかに多いのです」

    拡大中のコミュニティに参加して、支援の輪に加わりましょう。

    本記事に記載されている情報は、公開後に変更されている可能性があります。

    注目ポイント

    • Airbnbのオープンホームプログラムを通じ、Susanさんはイラクからの難民Mousaさんの受け入れについて連絡を受けました

    • Susanさんはご夫妻で、デンバーの自宅にMousaさんと奥さん、2人の息子さんを迎え入れました

    • この経験をきっかけに見知らぬ人同士が家族になりました

    Airbnb
    2018年6月13日
    役に立ちましたか?

    ほかのトピックを見る