熊本地震
南日本を襲ったマグニチュード6.4の地震では、余震も続いています。Airbnbでは、避難が必要な方のためのツールを用意しています。今後24時間以内に余震が発生した場合や支援の必要が高まった場合には、九州全域に対してツールを有効にします。
地図上の該当地域で宿泊先を提供できる方は、支援をご検討ください。
地図上にマークのある地域のホストは April 14, 2016からApril 20, 2016まで宿泊先を無料で開放しています。対象となるのは以下の方々です。
  • 被災された方々
  • 災害救助隊
ホスト100+人が支援中! 避難された方々のための宿泊無償提供活動にご協力をお願いします。
Naoto
政雄
Koji
Timo
Matsuko
Hajime
シェアオフィス・シェアハウス Kibana
Ryoji
Megumi
Tuan
Hakata Base
Kaz
Koju&Ginga
Keita
Sin
Plus Ba Design
Kei
Yosei
Victoria
Acelounge
Daisuke
Tomo
Michi
Tetsushi
Ayumi / Naoto
皆川
Sentaro
Makoto
Haruna
Yoshi
+ 76人の同じエリア内のほかのホスト

無料の宿泊先が必要ですか?

シェルターを探す

ご協力いただけますか?

マークのある地域のホストは宿泊先を無料で開放しています。
さあ、はじめよう
支援中のホスト仲間数千名にジョイン。
1
コミュニティに参加
はじめてのご利用の方はアカウント作成&認証からスタートします。既存メンバーはログインしましょう。
2
宿泊施設を登録
すでにAirbnbでホスティングをされている方は、既存のリスティングから選択、または支援専用のリスティングを新規作成します。
3
お困りの方々を応援
宿泊施設を登録すると、提携団体と認証済みアカウントをお持ちの方からの予約リクエストの受付がスタートします。
詳しいご案内
宿泊無償開放活動の経緯と趣旨は?
ホストから見ると、どんなしくみなのですか?
被災されたゲストかどうかを見分けるにはどうすればよいですか?
ゲストから見ると、どんなしくみなのですか?
すべて無償ですか?
予約受付状況の設定方法は?
宿泊施設は誰に公開され、誰が予約するのですか?
ほかにもご質問などございますか?
どのような活動を支援したいですか?
一時宿泊施設不足でお悩みの団体にお心あたりがあれば、ぜひお知らせください!
Airbnbコミュニティが支援中のその他の活動はこちらでご覧いただけます。