コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    スーパーホスト救済基金に関するご質問への回答

    スーパーホスト救済基金に関するご質問への回答

    受取資格、申請方法、受取金額などについてご確認いただけます。
    投稿:Airbnb2020年4月9日
    1分で読めます
    更新日:2020年6月24日

    注目ポイント

    • 新型コロナウイルスの感染拡大により経済的な打撃を受けた一部のスーパーホストとAirbnb体験ホストは、救済金の申請手続きに招待されました

    • これまでに総額1,680万ドルをお支払いしました

    • 宿泊ホストを対象としたスーパーホスト救済基金は終了しました

    • 体験ホストのための救済金は9月までお支払いを継続します

    宿泊ホストのみなさまを対象とした、総額1,700万ドルのスーパーホスト救済基金は終了いたしました。 Airbnbは世界中のスーパーホストのみなさまへの救済金のお支払いを終了し、8,700名の方々に合計1,680万ドルをお渡しいたしました。救済金を受領したホストのうち、67%以上は米国外のホストでした。 残りの救済金につきましては、Airbnb体験ホストのみなさまへ2020年9月までお支払いを継続する予定で、 これまでに体験ホストを対象とした救済金の7割はすでにお支払いが完了しています。

    現在、ホストの方々にとっては大変困難な状況が続いておりますが、Airbnbではお役に立てるよう精一杯努めております。新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けたホストの方々を支援する取り組みの一環として、先日スーパーホストとAirbnb体験ホストを対象とするスーパーホスト救済基金を立ち上げました。

    こうした困難な状況でこそコミュニティのメンバー同士で支え合うことが大切です。そこでこの度、生活費のやりくりに苦労されているホストの方々を支援するための新たな基金を設立すべく、Airbnbの社員が自ら寄付金を出し合い、合計100万ドルの資金を集めました。Airbnbの創業者たちも個人的に900万ドルを寄付し、投資家の方々からご寄付いただいた700万ドルと合わせて、合計1,700万ドルが集まりました。

    たくさんの方々からこの基金についてご質問をいただきましたので、特に多く寄せられたご質問にこちらでお答えいたします。

    スーパーホスト救済基金の受取資格があるのはどのような人ですか?
    スーパーホスト救済基金は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による旅行者数の減少により経済的な困難に直面しているスーパーホストや体験ホストのみなさまを支援するためのものです。 専用の支援プログラムがすでに存在する中国本土の宿泊ホストを除き、すべての国と地域のホストの中からAirbnb独自の裁量で対象者を決定し、スーパーホスト救済基金をとおして支援いたします。

    支援金を受け取るには、宿泊ホストは以下の要件を満たす必要があります。(

    • 掲載中のリスティングが2件以下であること
    • 本人確認を済ませていること
    • 合計1年以上スーパーホストのステータスを維持していること
    • 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で収入が大幅に減少していること
    • Airbnbが主な収入源である旨を証明すること

    救済金を受け取るには、体験ホストは以下の要件を満たす必要があります。

    • 本人確認を済ませていること
    • 1年以上体験ホストをしていること
    • 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で収入が大幅に減少していること
    • Airbnbが主な収入源である旨を証明すること

    体験ホストの要件について詳しく読む

    掲載中のリスティングが2件以下とはどういう意味ですか?また、Airbnbが宿泊ホストにそのような条件を求める理由は
    本基金は、ご自宅、セカンドハウス、あるいはご自宅・セカンドハウス内の個室のみを掲載しているホストを対象としています。 住所が異なるリスティングを3件以上掲載している場合は対象外となります。 同一の住所に3件以上のリスティングを掲載している場合(たとえば自宅にある3部屋を貸し出している場合)は対象となります。

    本プログラムの趣旨は、自宅を手放す危機に直面しているホスティング歴の長いホストの方々を支援することです。 そのため、次の3つの共通点を持つホストを招待することにしました。

    • 1年以上スーパーホストとして活動している
    • ホスティング収入が著しく減少している
    • 自宅またはセカンドハウスを掲載している

    ホストがビジネスに取り組む方法はさまざまであり、掲載中のリスティング件数がゲストに対する歓迎の気持ちを表すものではありません。 しかし、掲載中のリスティングが2件以下のホストに招待を限ることにより、プログラムの対象を絞り、有意義な支援を提供することができます。

    現時点でスーパーホストでなければなりませんか?
    はい。対象となるスーパーホストは、現時点でスーパーホストであり、これまでに4回以上スーパーホストのステータスを獲得している必要があります。しかし、たとえば過去5年間で間を空けながら4回スーパーホストのステータスを獲得している方も該当します。体験ホストには適用されません。

    招待の流れは?
    2020年4月10日より、Airbnbの担当チームから受取資格のあるスーパーホストと体験ホストの方々に、救済基金の申請に招待するメールをお送りします。まずは、Airbnbでのホスティング歴が長く、去年から今年にかけてのホスティング収入の減少から判断して、経済的な支援を最も必要とするスーパーホストをAirbnb独自の裁量によりご招待します。同チームが申請書類を審査の上、ホストに結果をお伝えいたします。2020年5月末までにすべての招待状の送付が完了しています。残りの救済金につきましては、Airbnb体験ホストのみなさまへ2020年9月までお支払いを継続する予定です。現在までに、体験ホストを対象とする救済金の7割はすでにお支払いが完了しています。

    申請の流れは?
    招待が届いたホストには、経済的支援の必要性とAirbnbへの収入依存度をAirbnb側で把握するための質問にいくつかお答え願います。招待が到着してから7日以内に申請してください。

    申請が承認された場合、救済金を受け取るまでにかかる日数は?
    申請が承認された場合、3営業日以内に通常ご利用の支払い受取方法に送金いたします。すべての救済金は6月中旬までにお送りします。支払い受取方法の種類によっては、ご利用口座に入金が反映されるまでに最長で7営業日かかることがあります。

    受け取ることができる金額は?
    応募要件を満たすホストからの申請内容を審査し、経済的ニーズに応じて、各ホストに対する最大5,000ドルまでの救済金の提供を承認します。

    救済金を受け取った場合、返済する必要はありますか?
    こちらの救済金には特に制限はありません。ホストに返済義務はなく、使い方も自由です。ご寄付が税額控除または税額減免の対象となるかどうかは、ご自身の責任でお調べいただくようお願いいたします。

    どのホストが最も影響を受けたかはどのように判断していますか?
    この種の情報は複雑であり慎重に扱う必要があるため、Airbnbではより客観的な判断ができるよう、具体的な基準を設けています。 まず、昨年の同時期と比較してホスティング収入が最も減少した方々を招待できるよう、ホストのみなさまの収入動向を調べます。 その後、ホストが収支を合わせる上で今回の収入減少がどのように影響しているかを把握するため、申請内容を確認します。

    2億5,000万ドルの支援金とスーパーホスト救済基金の両方から資金援助を受けることは可能ですか?
    はい。 新型コロナウイルスを起因としたキャンセルで発生した損害を補償できるよう、別途2億5,000万ドル の資金をご用意しました。2億5,000万ドルの支援金プログラムの受取資格要件について詳しく読む

    すべてのスーパーホストが対象とならないのはなぜですか?
    Airbnbではできるだけ多くのホストのみなさまを支援したいと考えておりますが、同時にその支援を有意義なものとすることも重要です。世界のスーパーホストの数は、数十万人にのぼります。Airbnbコミュニティでは多くの方々が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けていますが、本基金は収入に最も大きな損失を受けたスーパーホストの方々への資金援助に充てられています。

    Airbnbでは、スーパーホストとしての活動期間、およびホスティング収入の減少度を考慮した上で、独自の裁量により優先的に招待状をお送りするホストを決定しています。また、新型コロナウイルス感染拡大の影響によるキャンセルの費用を補償するために、別途2億5,000万ドルの支援金を用意するなど、Airbnbではさまざまなプログラムによりホストの方々を支援しています。

    Airbnbは、米政府が最近発表したCOVID-19景気刺激法案においても、Airbnbホストへの支援を確保できるよう取り組んでまいりました。また、そのほかにご活用いただける経済支援の情報をご案内するため、世界各地で提供されている資金援助策の調査も進めております。新たな情報が見つかり次第、Airbnb.com/COVIDでご紹介いたします。

    スケジュールの変更点は?
    Airbnbの組織構造の変更により、スケジュールを調整しました。招待と申請の手続きを進めている段階であり、現在も対象となるホストに申請いただけるよう招待をお送りしています。当初の予定より2週間ほど遅れましたが、5月末にはすべての招待状をお送りしました。ほかの社員と協力し計画を調整する間、今しばらくお待ちいただけると幸いです。

    経済支援を受けるには、そのほかにどのような手段がありますか?
    Airbnbホストのみなさまは、政府や地方自治体による資金援助の対象となる可能性があります。Airbnbでは、各地域で提供されている経済支援プログラムをいくつかお調べしました。詳しい情報はリソースセンターのホストが対象となりうる経済支援策に関する情報をご確認ください。

    本稿の記載内容は、公開後に変更されている可能性があります。

    注目ポイント

    • 新型コロナウイルスの感染拡大により経済的な打撃を受けた一部のスーパーホストとAirbnb体験ホストは、救済金の申請手続きに招待されました

    • これまでに総額1,680万ドルをお支払いしました

    • 宿泊ホストを対象としたスーパーホスト救済基金は終了しました

    • 体験ホストのための救済金は9月までお支払いを継続します

    Airbnb
    2020年4月9日
    役に立ちましたか?

    こちらもおすすめ

    こちらもおすすめ

    ほかのトピックを見る