コンテンツにスキップ

プンタデルエステのラグジュアリーな宿泊先

Airbnbでユニークな宿泊施設を見つける

プンタデルエステで大好評の豪華バケーションレンタル

立地や清潔さなどの点でゲストに高評価のリスティングです。

Playa Vik
LUXE
まるまる貸切のヴィラ · ゲスト16人 · ベッド25台 · 19.5バスルーム

Playa Vik

Ojo de Mar
LUXE
まるまる貸切のヴィラ · ゲスト10人 · ベッド7台 · 6.5バスルーム

Ojo de Mar

Turmalina
LUXE
まるまる貸切のヴィラ · ゲスト9人 · ベッド6台 · 5バスルーム

Turmalina

あらゆるタイプの高級レンタル施設

これからの夢の旅にぴったりの宿泊先

  • 注目の宿泊先
  • 柔軟な予約
  • 宿泊先を予約する準備完了

プンタデルエステのバケーションレンタルで人気のアメニティ・設備

  • キッチン
  • Wi-Fi
  • プール
  • エアコン

プンタデルエステにある、その他の素敵な豪華バケーションレンタル

LUXEまるまる貸切のヴィラ
Backspin
1泊¥ 210,613
LUXEまるまる貸切のヴィラ
Estancia Vik
1泊¥ 831,366
LUXEまるまる貸切のヴィラ
Vientos
1泊¥ 2,327,826
LUXEまるまる貸切のヴィラ
Viento del Este
1泊¥ 421,226
LUXEまるまる貸切のヴィラ
Dama de la Noche
1泊¥ 1,247,050
LUXEまるまる貸切のヴィラ
Rancho Daliah
1泊¥ 465,565

プンタデルエステのすべて

南米屈指の高級リゾート

これまでに訪れたいろんな場所を比べたり、その土地にニックネームをつけたり、お気に入りの街で過ごした休暇の思い出を語り合ったりするのは楽しいものです。これからご紹介するプンタ・デル・エステは、「南のモナコ」「大西洋の真珠」「南米のハンプトンズ」などの愛称で親しまれています。港に大型ヨットがずらりと並んでいることからも、この街が魅力溢れる特別な場所であることがおわかりいただけると思います。その港がある半島の両側には、プンタ・デル・エステの活気溢れるダウンタウンを挟んで、ウルグアイ随一の素晴らしい2つのビーチがどこまでも続きます。街中心部の東西には、こじんまりとお洒落なサーフタウンが点在し、素朴で粋なビーチヴィラをレンタルすることも可能です。

プンタ・デル・エステへの行き方

プンタ・デル・エステ国際空港(PDP)は、市中心部から16キロの郊外に位置し、ブエノスアイレスのホルヘ・ニューベリー空港経由でアクセス可能です。乗り継ぎ便が面倒であれば、ブエノスアイレスからモンテビデオまでフェリーで3時間、そこから2時間ドライブという手段もあります。ピークシーズン中はタクシーがつかまりにくいため、現地に着いたらレンタカーがおすすめです。ちょっと遠出してワインや芸術、乗馬を楽しみたい方は、旅行会社によるツアーを検討してもよいでしょう。プンタ・デル・エステの公式通貨はペソですが、ほとんどの店舗で米ドルが利用可能です。

象徴的なバケーション写真が撮れる場所

まずはビーチへ。プラヤ・ブラバの砂上にそびえるMario Irarrazabalの美しい彫刻作品「La Mano」(「手」を意味する)の指の間に立ってポーズを決めたら、そのままプンタ・デル・エステ港沿いを散策し、厳重に管理されたマリーナに並ぶ高級ヨットを見に行きましょう。海辺では、アシカたちに出会える可能性大です。愛らしい姿を写真に収めましょう。アシカをもっと間近で見てみたい、という方にはぜひチャーターボートでロボス島を訪れることをおすすめします。海に飛び込み好奇心旺盛なアシカたちと一緒に泳ぎましょう。街の喧騒を離れて静かなひとときを過ごすなら、ラリ美術館(Museo Ralli)がぴったり。ラテンアメリカやヨーロッパ、シュルレアリスム運動がメインテーマの現代美術館です。

プンタ・デル・エステのビーチガイド

街の両側に広がるビーチ

プンタ・デル・エステが誇る2つの素晴らしいビーチは、それぞれ「プラヤ・マンサ」(落ち着いたビーチ)と「プラヤ・ブラバ」(荒々しいビーチ)という、なんとも覚えやすい名前で呼ばれており、メンサ側には豊富な黄金の砂浜、ブラバ側には白い砂浜が、半島それぞれの海岸線沿いに広がります。

市街地中心部から離れたビーチ

人混みを避けたいなら東に向かいましょう。ピナレスとラス・デリシアスは、まだあまり観光客に知られていない美しいビーチです。パーティー好きな観光客のほとんどは逆の方角、つまり西のラ・バラやビキニを好み、海水浴やウィンドサーフィン、ビーチバーでお酒を飲むなどして大いに盛り上がります。

ショッピングエリアで掘り出し物を発見

半島と市中心部の通りには最新ファッションを取り揃えたブティックが軒を連ね、ブエノスアイレスやモンテビデオから取り寄せられた洋服は、この土地ならではのユニークでハイクオリティなお土産となっています。20番街には世界中のあらゆるブランドが集結する一方、ブラバやマンサのビーチ沿いには、小さなお店がたくさん並んでいます。

世界に名高いプンタ・デル・エステのグルメ

プンタ・デル・エステでの食事に欠かせないのは、地元食材と新鮮なシーフード、そしてカイピリーニャです。ランチなら、絶品のお寿司と目の前に広がる素晴らしいオーシャンビューが自慢のカジュアルレストラン、ラ・ウエジャ(La Huella)やラ・カラコラ(La Caracola)がおすすめ。ディナーに人気のマリスモ(Marismo)とナム(Namm)は、いずれもペッパー・ツリーの木々に囲まれた屋外レストランで、たいまつの灯りに照らされたパティオで夕食を楽しむことができます。ベジタリアン系なら、レストラン・ラ・オラダ(Restaurant la Olada)が一番のおすすめです。食後は、モービー・ディック(Moby Dick)、ビゴーテ・バー(Bigote Bar)、あるいはカピ(Capi)に飲みに行きましょう。運だめしをしたい気分なら、カジノのバーで飲むこともできます。 

プンタ・デル・エステの滞在先

ダウンタウン 

イベントなどの開催場所付近に滞在したい場合は、市内中心部や半島沿いがおすすめです。中心街の両側の沿岸部にビーチが広がっていますので、掲載されている滞在先のほとんどは海岸のすぐそばです。 

ホセ・イグナシオ・タウン

プンタ・デル・エステで最もプライバシーが確保されています。誰もが知っているとおり、よいスポットを確保するのは大変です。幸い、いくつかおすすめのスポットがあります。ホセ・イグナシオのビーチは自然が保たれ、静かで、朝の水泳やサーフィンに最適です。灯台からの眺めをぜひお試しください。海岸から少し離れたところには、特別なイベント、パーティー、リゾートウェディングに最適の大き目の滞在先もあります。 

ラ・バラ 

ラ・バラのビーチは、市街地からわずか12分のところにありますので、なかなか賑わうこともあります。このトレンディな町には多くのセレブが訪れ、メインストリートでは賑やかなナイトライフと多彩な午後のショッピングを楽しめます。