コヴェントガーデン (Covent Garden)

コヴェント・ガーデンを象徴する広場、周囲のバーや美術館は、24時間エンターテイメントを届けている。

コヴェントガーデンの主な魅力は中央広場であるが、目をひく街の光景は賑やかな市場だけではない。その広場と周りにある曲がりくねった道にはストリートパフォーマーがいて、屋台がある。また、人混みをさけ落ち着きたい人のためのチーズ屋さん、カジュアルな酒屋、アートミュージアムもある。数多くのエンターテイナーとこのとってもかわいい街の見物には、観て、拍手して、小銭を払っちゃうでしょう。

宿泊物件を見る このエリアを保存

地図

コヴェントガーデン (Covent Garden) はウェスト・エンド (The West End) 内に位置し、 隣接する地域はホルボーン、シティ・オブ・ウェストミンスター、カムデン自治区、セントジェームズ (St. Jame's)ブルームズベリー (Bloomsbury)フィッツロヴィア (Fitzrovia)ソーホー (Soho)ウェストミンスター (Westminster)

ロンドンアイ:徒歩16分
ロンドン塔:地下鉄で25分
ヒースロー空港:地下鉄で60分
ガトウィック空港:地下鉄と電車で60分
キングスクロス駅:地下鉄で10分
ナショナルギャラリー:徒歩8分

  • 公共交通機関の移動 簡単
  • 車での移動 困難

ストリートパフォーマーに目を奪われて

R1

コヴェントガーデンの中心にあるピアッツァ(広場)。ここはロンドンの大道芸のメッカだ。観光客、買い物客、ただぶらぶら歩く人、パフォーマー、通行人、カップル、友だち…いろんな人が集まる

R1

チェーンソーも、あ~らよっと。ガキの玉遊びはやらんのよ

R1
R1

次は一輪車、ということまではわかった。

R1

なんという高さ。ほんでもって今度はナイフでジャグリング。ガキの玉遊びはやらんのよ

R1
R1

地下鉄駅と市場の間で人間彫刻発見。本当に石になっちゃうかも

世界一流の文化

R1

これはナショナル・ポートレート・ギャラリー(国立肖像画博物館)

R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1

Shopping In Covent Garden

R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1

Seventh Heaven in Seven Dials

R1
R1
R1
R1
R1

Dining and Drinks Before or After the Theatre

R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1
R1

写真について

その街のスピリットを的確に捉えるため、Airbnbでは世界各地を拠点に活躍するフォトグラファーと提携しています。このページの写真提供は:

人生最初の20年ぐらいを米ミシガン州の大地で過ごした後、Tec Petajaは中央アジアを隈なく旅し、インディアナとハワイに住み、最後は米テネシー州ナッシュビルに家を見つけた。今はそこに妻とふたり暮らし。

全てのご近所ガイド