コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    宿泊先やホスト側に問題がありキャンセルしなければならない場合の手順は?

    滞在中に不測の事態が発生した場合は、通常ホストに相談することをおすすめします。ほとんどのホストは、問題の解決または料金の一部返金、またはその両方を行うことで迅速に解決することを希望しています。受信トレイ からホストにメッセージを送信することができます。

    ホストとの間で返金を含む合意に達した場合は、問題解決センターを通じて送金・請求を行うことができます。ホストが予約をキャンセルした場合は常に手数料と税金を含めた全額が返金されます。

    ただし、ホストが問題を解決できない、または対応しない場合は、問題に気付いてから24時間以内にAirbnbに連絡することにより、ゲスト返金ポリシーに基づき全額返金の対象となる可能性があります。

    ゲスト返金ポリシーによる返金対象となる旅行上のトラブル

    詳しくはゲスト返金ポリシーでご確認いただけますが、適用範囲の概要は次のとおりです。

    • リスティングにアクセスできない場合ホストが提供したキーボックスの暗証コードが間違っているがホストに連絡がつかない、ホストがゲストの同意なしに予約を別のリスティングに変更したなど。
    • 到着時に宿泊施設が危険または不潔である場合汚れたシーツ類、有毒な害虫・害獣、または安全上・健康上の危険。
    • 重要なアメニティ・設備が欠落しているか作動しない場合キッチンが工事中である、夏季にプールが荒れ果てている、冬季に暖房設備が故障しているなど。
    • リスティングの説明が不正確である場合部屋数やベッド数が間違っている、リスティングに記載のあったアクセシビリティ機能・設備がないなど。

    請求の提出は24時間以内に

    滞在中に以上のような旅行上の問題に遭遇した場合は、以下の手順に従ってください。

    1. 証拠収集:可能であれば、汚れたシーツ類や不正確なアクセスコードなどの問題内容を写真または動画で記録する
    2. Airbnbに連絡:問題に気付いてから24時間以内にAirbnbにメッセージまたは電話で連絡し、写真や動画を共有する
    3. 連絡がつく状態にする:個々のケースにおいてAirbnbが次の手順を案内できるよう、連絡がつくようにしておく
    必要なサポートは受けられましたか?
    関連記事