コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    ホストの税金はどうなりますか?

    地方税

    税金の徴収が必要であると判断した場合、予約確定の前にゲストに正確な税額を告知することが重要です。

    一部の地域では、Airbnbのホストが宿泊税の徴収・納付を代行する機能を利用できる場合があります。 その場合、該当地域のホストが宿泊税を別途徴収することはできません。

    法人番号と所定の観光税登録情報を提供済みのホストは、プロホスト用ツールを使ってゲストから税金を直接徴収できる場合もあります。

    宿泊税の自動徴収・納付を利用できないリスティングの場合は、スペシャルオファーを活用するか、問題解決センターを経由して手動で宿泊税を徴収することができます。

    注:短期宿泊税の受取金は特定の受取経路ルールではなく、デフォルトの支払い受取方法にのみ送金されます。

    VAT(付加価値税)

    居住国がEU加盟国や中南米、中国、韓国の方は、ご自身が提供するサービスにかかるVAT(付加価値税)の査定が必要な場合があります。 詳しいアドバイスや、ご自身が提供するサービスにかかるVAT査定にサポートが必要な場合には、地域の税務専門家に相談されることをおすすめします。

    さらに、電子的に提供されるサービス(Electronically Supplied Services)が課税対象となる国々では、Airbnb側でサービス料にかかるVAT(付加価値税)を徴収する必要があります。 現時点での対象国は、EU全加盟国、アルバニア、チリ、コロンビア、アイスランド、メキシコ、ノルウェー、サウジアラビア、南アフリカ、スイス、ウルグアイです。

    また、Airbnbは、Airbnb Chinaと契約を結ぶ全ユーザーからサービス料にかかるVAT(付加価値税)を徴収することが義務付けられています。

    日本の消費税(JCT)に関する情報は、「VAT(付加価値税)とは何? 自分も課税対象ですか?」の記事をご覧ください。.

    必要なサポートは受けられましたか?
    関連記事