コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    自分のキャンセルポリシーを適用する場合と免除する場合の違いを教えてください。

    ゲストが30日前予告なしに長期滞在予約の変更を行う場合、ホストは「長期滞在」のキャンセルポリシーを適用するか免除するか選ぶことができます。

    キャンセルポリシーを適用する場合

    • ゲストには元の予約の未泊分の料金が、変更リクエスト日から起算して最大30泊分まで課金されます
    • キャンセルポリシーは変更承認後ただちに再有効化されます
    • カレンダーは変更後の日程に合わせて更新されます

    キャンセルポリシーを免除する場合

    • ゲストには実際に宿泊した泊数分のみ課金されます
    • キャンセルポリシーの免除は変更を認めるための一時的措置であり、予約全体に対して免除となるわけではありません
    • キャンセルポリシーは変更承認後ただちに再有効化されます
    • カレンダーは変更後の日程に合わせて更新されます

    ゲストが30日前予告の条件を満たすかたちで長期滞在期間を変更した場合には、「長期滞在」のキャンセルポリシーで30泊分の料金受け取りは保証されていますので、ホストには変更リクエスト承認・却下のオプションは表示されません。

    必要なサポートは受けられましたか?
    関連記事