コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    ホストに保証金を請求されるとどうなりますか?

    ホストが請求する保証金の場合、ほかの保証金とは異なり信用照会を行いません。ホストが財物損壊に対し補償を請求し、ゲストが支払いに同意した場合、あるいはホストが保証金を請求し、Airbnbが承認した場合にのみ、ゲストに請求が発生します。

    ホストが保証金を請求する場合、ホスト保証の利用規約に基づいて処理されます。ゲストやゲストの介助動物により宿泊施設や所有物が破損した際は、Airbnbのホスト保証のもと、ホストを補償できるかもしれません。現金や株券の盗難、非物理的損害、通常の摩耗や劣化による破損は補償対象外となります。また、ゲストやそれ以外の方の人身傷害や財物損壊も対象外となります(これらはホスト補償保険の対象となる場合があります)。

    ホストが保証金を請求した場合の手続きの流れ

    ゲストの滞在期間中に宿泊施設に破損が生じ、ホストが保証金を請求した場合の手続きは次のとおりです。

    1. チェックアウト日から14日以内に、Airbnbの安全な問題解決センターを介してホストがゲストに連絡します。ホストから被害物に関する説明、物品の破損または紛失を裏付ける証拠書類の提出、損害賠償の請求を行っていただきます。被害内容によって、ホストの請求金額と保証金の額が同じ場合もあれば、異なる場合もあります。
    2. ゲストは72時間以内にホストの請求に返答する必要があります。ゲストが請求金額の支払いに同意した場合、支払いを処理してホストに送金します。この手続きには通常5〜7営業日ほどかかります。ゲストは、全額支払うか、別の金額を支払うか、あるいは請求を却下することができます。また、返答に際し、ゲストからホスト宛にメッセージを送ることもできます。
    3. ゲストが請求金額の支払いに同意しない場合、ホストはAirbnbに仲裁を求めることができます。Airbnbカスタマーサポート担当者がゲストに連絡し、ホスト保証の利用規約に従って請求内容を解決いたします。利用規約に基づき請求内容が承認された場合、ホストではなくAirbnbからゲストに支払い請求を送信します。

      ホストの証拠書類

      ホストは物品の破損または紛失を報告するため、問題解決センターに証拠書類を提出します。証拠書類には、写真や動画、修理・交換費用が確認できる領収書、請求書、見積書、あるいは同等商品のウェブページへのURLなどが含まれます。双方の証拠書類と証言を審理した上で支払いが妥当と判断した場合には、保証金の支払い手続きを進めさせていただきます。Airbnbは、登録されているお支払い方法から支払い額を回収する権利を有します。

      必要なサポートは受けられましたか?
      関連記事