コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    ドイツにあるリスティングのキャンセルポリシーについて提案はありませんか?

    ドイツ国内ホストのみなさまは、地域の法令をよく確かめ、ご自身のキャンセルポリシーがこれを遵守していることを今一度ご確認ください。Airbnbはホストとゲストをつなぐプラットフォームですので、現地法に関する法的なアドバイスを提供することはできません。この種の法令につきましては地域の専門家への相談をおすすめします。

    キャンセルポリシー

    Airbnbはドイツ国内の宿泊施設については「柔軟」のキャンセルポリシーを推奨しています。しかしながら、物件あるいは予約の特殊事情によっては「普通」や「厳格」の設定が望ましい場合もあるかと思います。たとえば、物件特有の事情、予約の性質、滞在期間の長さや内容が原因で、一度解約されると再予約が難しい場合などがこれに該当します。

    返金

    すべての場合において、ホストは解約したゲストに対する返金額が妥当であること、通常考えられる被害額を超えて手元に残していないことを確認しなければなりません。

    また、ドイツ国内物件の宿泊ゲストが返金額について異議を唱えた場合には、話し合いに応じる機会を設けなければなりません。ホストが手元に残した金額が、実際の被害額より高額であるとゲストが証明できる場合は、一部または全額の返金を要求される場合もあります。「普通」または「長期滞在」のポリシーのキャンセルについても同様に、ホストは現地法を考慮しながら妥当な返金額を定める必要があります。

    必要なサポートは受けられましたか?