検索条件を入力すると、検索候補が表示されます。上下の矢印キーを使って確認します。Enterキーを押して選択します。フレーズを選択した場合、フレーズそのものが検索にかけられます。検索候補がリンクである場合、リンク先のページに移動します。
入門ガイド
ホスト

Airbnb.orgに単発の寄付を行う方法は?

どなたでも、いつでもAirbnb.org宛に1回限りのご寄付をいただくことで、緊急事態の発生時に一時的な滞在先の提供を支援していただけます。Airbnb.orgにアクセスし、「寄付」をクリックしてください。

米国内のほとんどの地域(アリゾナ州、ハワイ州、ニューメキシコ州を除く)のAirbnbユーザーは、ご利用のAirbnbアカウントを通じて直接寄付することができます。Airbnbアカウントをお持ちでない場合、またはAirbnbがお住まいの地域からの寄付を現在受け付けていない場合は、PayPal経由でAirbnb.orgに寄付していただくことが可能です。

税控除

寄付者が米国で所得税を納めている場合、寄付金は、内国歳入法典第501条c項3号に基づく独立非営利団体であるAirbnb.orgへの慈善寄付金として、米国税法で許容される範囲で税控除の対象となります。寄付金に対する税制優遇の適用の有無および適用範囲を確認するには、該当地域の税法を確認するか、税務の専門家にご相談することをおすすめします。

領収書

寄付をいただくたびに、AirbnbアカウントまたはPayPal寄付にご登録のメールアドレス宛に領収書が届きます。

寄付金の領収と配分

寄付金は支払いが行われた後すぐに領収され、返金不可です。

Airbnb.orgへの寄付金は、被災者、難民、長期援助を提供する医療救護活動従事者など、緊急事態に直面している方々に一時的な滞在先を手配するために使われます。Airbnb.orgは非営利団体と連携しながら、これらの寄付金を配分し、お困りの方々に滞在先を手配するお手伝いをします。連携する団体は、CORE、Mercy Corps、Church World Serviceなど、各分野のエキスパートです。

Airbnb.orgでは、みなさまのご寄付がどのように役立てられているのかをご紹介するメールを定期的に配信し、年次寄付報告書を発行いたします。みなさまからのご寄付がAirbnb.orgでどのような方々の支援に使われるかについて、詳しくはこちらをご覧ください。

手数料なし

ご寄付は、支援を必要とする方々のために一時的な滞在先を見つける目的で活用されます。Airbnb.orgもAirbnbも、寄付金から手数料を頂戴することはありません。

ほかの決済処理業者(PayPalなど)からは、追加手数料を請求される場合があります。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事

予約やアカウントなどのヘルプ記事を参照しましょう。
ログインまたは登録