コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    Airbnbの宿泊先の健康・安全要件とは?

    新型コロナウイルスの世界的大流行中は、健康と安全を念頭に置くことが重要です。 そこでAirbnbでは、世界保健機関およびアメリカ疾病管理予防センターからのガイダンスをもとに、Airbnbリスティングのホストおよびゲストみなさまに順守が義務付けられた新型コロナウイルス安全対策を策定しました。これに加えて、新型コロナウイルスに関する一般的な健康および安全ガイドラインをしっかり把握し、政府による移動・渡航制限と勧告を引き続き注視しながら、国および地域のすべてのガイドラインにも従ってください。

    Airbnbでは、健康および安全への懸念に対処するためガイドラインやプログラムを導入していますが、これらの対策によってすべてのリスクが排除されるわけではありません。特に、ご自身がハイリスク群(例:65歳以上の高齢者、糖尿病や心臓病などの持病がある方)に該当する場合、Airbnbで宿泊先や体験を予約するかどうかの決定を下す際には専門家の助言を仰ぎ、慎重を期すことをおすすめします。詳しくは、Airbnb体験に関する健康・安全ガイドラインをご覧ください。

    新型コロナウイルス安全対策(必須)

    マスクの着用しと社会的距離の確保

    ホストとゲストは全員以下に同意する必要があります。

    • 直接対面してやり取りを行う際は、マスクまたはフェイスカバーを着用すること
    • 常にお互いから2メートル以上の距離を確保すること

    各滞在後、Airbnb清掃スタンダードの5段階の手順に従って清掃・除菌を行うこと

    ホストは全員、ゲストが入れ替わるたびに、Airbnb清掃スタンダードの5段階の清掃手順に従うことに同意する必要があります。詳細を見る

    すべてのホストとゲストに、必要に応じ上記の新型コロナウイルス安全対策に従うことが求められます。ゲストが以上の安全対策を順守しなかったためにホストが予約をキャンセルした場合、ゲストは返金を受けることができません。同様に、ホストが安全対策を順守しなかったためにゲストが宿泊をキャンセルした場合、ホストには受取金が支払われません。ホストが2020年11月20日までに上記の安全対策に同意しない場合は、カレンダーがブロックされる可能性があります。本ガイドラインに繰り返し違反したホストやゲストには、アカウントの一時停止やAirbnbコミュニティからの退会などの措置が講じられることがあります。

    新型コロナウイルスの感染拡大下における旅行とホスティングに関する追加ガイドライン

    新型コロナウイルスの感染疑いがある、または感染症状がある場合は、旅行またはホスティングをしない

    コミュニティの健康と安全を守るため、Airbnbでは、次のいずれかに該当する場合、ホスト(およびゲストの滞在前または滞在中にリスティングに入る可能性があるすべての人)はリスティングに入ったり、ゲストに接触したりしてはならず、ゲストはリスティングにチェックインしてはならないことをポリシーとして定めています。

    • 現在新型コロナウイルスに感染している、または過去30日以内に検査で陽性が確認された
    • 病気の疑いがある、または新型コロナウイルスにさらされた可能性があり現在検査結果を待っている
    • 新型コロナウイルスの感染症状が出ている、または感染した可能性を心配している
    • 過去14日以内に新型コロナウイルスに感染したか感染の疑いがある個人と密接かつ持続的な接触をした*

    病気の場合や新型コロナウイルス感染の疑いがある場合の対処に関する詳細は、下記の記事をお読みください。

    • 酌量すべき事情ポリシー(新型コロナウイルスに関連する予約の変更やキャンセルに関する具体的な情報が記載されています)
    • 隔離対応滞在ポリシー (これらのガイドラインおよび新型コロナウイルスの世界的大流行中の旅行に対するAirbnbの取り組みについての詳細が記載されています)

    *医療・救護従事者向け宿泊先には、異なる基準が適用されますのでご留意ください。

    こまめに手を洗う

    頻繁に手を洗いましょう。予約に関係のない人との接触がある場合、共有スペースや共用エリアで物の表面や器具に触れる場合は、特に手洗いを徹底してください。

    • 石けんと水で20秒以上かけて適切に手を洗う
    • 石けんと水が使えない場合は、アルコール度数60%以上の手指除菌剤を全体に塗り、乾くまで手指をこすり合わせる

      共用エリアや共有スペースでは社会的距離を確保し、マスクを着用する

      共用エリアや共有スペースを利用する場合、ホストおよびゲストは新型コロナウイルス安全対策に従ってマスクを着用し、予約と関係のない人から常時距離(最低2メール以上)を保つようにしてください。ホストはゲストとの身体的な接触を避け、可能な限り接触しない方法でのチェックインオプションを提供してください。

      個室や共有スペースがある場所での滞在を不安に感じるゲストは、まるまる貸切の宿泊施設を代わりに予約することをご検討ください。 個室や共有スペースがあるリスティングでの受け入れを不安に感じるホストは、宿泊施設をまるまる貸切にするか、それが不可能な場合はホスティングを一時休止することができます。

      ホストは、個室や共有スペースのホスティング、および宿泊施設内の人数制限に関して地域のガイドラインに従う必要があります。

      注:Airbnbは、2020年8月20日付で、世界中のAirbnbリスティングにおけるパーティーおよびイベントの全面禁止を発表しました。これには最大収容人数を16名に制限することを含みます。今回のパーティー禁止ルールはAirbnbにおける今後すべての予約に適用され、追って通知するまで無期限で継続されます。詳しくは パーティーとイベントに関するポリシーをお読みください。

      個室や共有スペースを提供しているホスト向けの追加ガイドライン

      個室や共有スペースのあるリスティングを提供しているホストは、下記の事項にも従う必要があります。

      • すべての共用エリアで社会的距離を確保できるようゲスト数を制限する
      • ホストとゲストの不要な接触を避けるため、ゲストが利用できる場所を制限する
      • 清掃スタンダードに従い、安全な場合はゲストの滞在中に共用エリアを換気する
      • 可能な限り頻繁に共用エリア(バスルームやキッチンなど)を清掃・除菌する

      地域によっては、政府や自治体が個室やシェアルームのホスティングに制限を設けていたり、追加の義務や要件を課していたりする場合もありますので、ご留意ください。各地域の政府・自治体や保健機関から出されている追加の安全・清掃ガイダンスを必ず確認し、従うようにしてください。

      滞在中または滞在後に新型コロナウイルスの検査で陽性と診断された場合の対処法

      最近リスティングに滞在した、またはホストとしてゲストと接触したことがあり、新型コロナウイルスの検査で陽性と診断されたか、感染症状を感じはじめた場合は、Airbnbまでご連絡ください。また、地域の関連当局とかかりつけ医にもお知らせください。

      必要なサポートは受けられましたか?