コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    新型コロナウイルスに関する最新情報
    キャンセルと返金のオプションを確認するには、「旅行」ページで該当する予約を選択してください。Airbnbの酌量すべき事情ポリシーは、特定の予約にのみ適用されます。チェックイン日が2020年9月16日以降の場合、2020年8月15日以降に再度こちらのページで更新情報をご確認ください。

    新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で宿泊先の予約をキャンセルする場合、どんな選択肢がありますか?

    キャンセルと予約のオプションについて詳しく知るには、予約のキャンセル手続きを開始してみるのが一番です。手続きを開始すると、Airbnbの酌量すべき事情ポリシーがご予約に自動的に適用されるかどうかに応じてオプションが表示されます。ご予約内容によっては、ホスト都合によるキャンセルをリクエストすることができ、ホストにメッセージを直接送らずに全額返金を受けることができる場合があります。

    ゲストの場合

    ご予約がAirbnbの酌量すべき事情ポリシーの適用要件を満たしていない場合でも、柔軟なキャンセルオプションが利用可能かどうかを確認することができます。利用可能な場合は、通常の変更またはキャンセルオプションをご利用いただけます。

    ホスト都合によるキャンセルをリクエスト

    ご予約内容によっては、ホスト都合によるキャンセルをリクエストすることができ、全額返金を受けることができる場合があります。キャンセル手続きを開始すると、このオプションが利用可能かどうかを確認することができます。

    1. 「旅行」にアクセスし、キャンセルしたい予約を見つける
    2. 「旅行の詳細を表示」をクリックまたはタップ
    3. 「概要」から「詳細を表示」をクリックまたはタップ
    4. 「変更またはキャンセル」をクリックまたはタップ
    5. 「予約をキャンセル」「次へ」をクリックまたはタップ
    6. キャンセル理由として「COVID-19(新型コロナウイルス)」を選択
    7. 「全額返金をリクエストする」をクリックまたはタップ

    予約開始が1週間以内であれば24時間、8日以上ある場合は48時間がホストの返答期限となります。ホストがキャンセルに同意した場合、Airbnbは当初のお支払い方法にサービス料を含めた金額を返金いたします。返金に関する詳細をお読みください

    ホストがキャンセルに同意しない場合でも、キャンセルすることはできます。その場合、ホストが設定している標準のキャンセルポリシーにより返金が決まります。

    その他のオプション

    ご予約がAirbnbの酌量すべき事情ポリシーの適用範囲外で、ホストがキャンセルに同意しない場合は、問題解決センターを介して返金額を増やしてくれないか、ホストにメッセージを送ることができます。

    ホストの場合

    ゲストがキャンセルをリクエストすると、全額返金に同意するかを確認するメールが届きます。チェックイン予定日まで7日以内である場合は24時間以内、8日以上ある場合は48時間以内がそれぞれ返答期限となります。リクエストに返答するには:

    1. 確認メールから、ゲストに「返答する」をクリックまたはタップし、Airbnbにアクセスする
    2. 「全額返金する」または「返金を却下する」のいずれかを選択する

    全額返金に同意された場合、スーパーホストのステータスに何ら影響はありません。

    その他のオプション

    Airbnbの酌量すべき事情ポリシーの適用要件は満たしていないものの、新型コロナウイルス(COVID-19)に起因してご予約をキャンセルしたい場合、ゲストにメッセージを送り、予約をキャンセルしたい旨を伝えます。ゲスト都合でのキャンセルの場合は、ホストにペナルティは発生しません。

    ゲストがキャンセルに同意しない場合でも、予約をキャンセルすることはできますが、その場合はペナルティが発生します

    関連記事
    必要なサポートは受けられましたか?

    ログインすると自分向けのサポートを受けられます

    予約やアカウントなどについてヘルプを求めましょう。
    アカウント作成