コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    新型コロナウイルスに関する最新情報
    キャンセルと返金のオプションを確認するには、「旅行」ページで該当する予約を選択してください。 Airbnbの酌量すべき事情ポリシーは、特定の予約にのみ適用されます。 チェックイン日が2020年7月16日以降の場合、2020年6月15日以降に再度こちらのページで更新情報をご確認ください。

    宿泊ホストのための安全対策のヒントは?

    宿泊ホストには一定の責任が伴います。 ここでは基本的な安全の手引きをご紹介します。

    やりとりは慎重に

    支払いと連絡は常にAirbnb上で行います。 ゲストのことを知り、旅行のニーズやお部屋のルールを話し合うときにはかならずAirbnbのメッセージシステムを使用しましょう。

    事前に予約希望者のプロフィールとレビューに目をとおし、認証済みの電話番号、接続済みのSNS、紹介文の有無を確認します。 予約前のゲストがプロフィールの認証を完了していない場合は、完了するようお願いしてみることができます。

    自分の直感を信じ、怪しいと感じた予約は承認しないようにしましょう。

    ハウスルールとハウスマニュアルに重要事項を記入

    ハウスルールハウスマニュアルを完成させることで、ゲストに前もって注意事項を知らせることができます。 ここには予約前に知っておいてほしいことをすべて記入します。たとえば、喫煙のルール(喫煙可なら喫煙OKな場所)、立ち入り禁止エリア、Wi-Fiパスワード、土足厳禁などです。

    地域に緊急事態に見舞われた際に一時避難場所を提供する活動に参加をご希望のみなさまは、こちらでお部屋の無償提供の手続きを行うことができます。

    保険加入もお忘れなく

    Airbnbのホスト補償保険プログラムでは、Airbnbの宿泊に関わる人身傷害・財物破損で第三者に賠償請求された場合、第一次賠償責任保険として最高$1,000,000 USDまでの補償が提供されます。

    ひと回り上の安心をお求めの方は賃貸人や住宅オーナー向けの保険の加入について保険会社に相談しましょう。

    リスティングで予約の要件を設定する

    ホストはゲストに認証済みID取得など、一定の本人確認の認証を済ませるよう求めることができます。

    また、リスティングに保証金を追加することで、絨毯にワインがこぼれた場合のような被害に備えることも可能です。

    「責任あるホスト」の関連記事に目を通す

    ホストのみなさまには自らの責任を慎重にご認識いただくようお願いします。 ホスティングは豊かな経験となりますが、同時に一定の責任が伴います。 各地域の法令遵守に役立つ参考情報については、「ホストの責任」のページに関連記事がまとめてあります。

    注:緊急事態や身の危険を感じた場合には、直ちに最寄りの警察・救急・消防に通報してください。

    必要なサポートは受けられましたか?
    そろそろホスティング、はじめてみませんか?
    さらなる一歩を踏み出し、ご自身の家を活用した収入アップにつなげましょう。
    もっと詳しく