コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    新型コロナウイルスに関する最新情報
    新型コロナウイルスの影響により旅行計画に変更が生じた場合、「旅行」ページからご予約を変更・キャンセルすることができます。

    Airbnbサービス料とは?

    Airbnbの運営をスムーズに行い、提供するプロダクトとサービス(24時間365日対応のカスタマーサポートなど)の費用をまかなうため、Airbnbでは予約確定時にサービス料をいただいています。

    宿泊予約のサービス料

    宿泊予約のサービス料宿泊予約のサービス料には2種類の料金体系があり、ホストとゲストでサービス料を分担する場合と、ホストのみがサービス料を払う場合があります。

    1. ホストとゲストがサービス料を分担する場合

    分担型は、個人の宿泊ホスト向けの標準料金体系です。

    ホストサービス料

    一部の例外を除き、宿泊予約のホストサービス料は3%ですが、Airbnb Plusやイタリア国内のホスト、「かなり厳格」のキャンセルポリシーを適用するリスティングの場合は、歩合がより高くなります。 また、中国本土のリスティングを運用するホストは、サービス料が10%になります。 この手数料は、予約料金の小計(宿泊料金、適用される場合は清掃料金と追加人数分の料金も加算。税およびAirbnb手数料は別)をもとに算出し、ホストの受取金から自動的に差し引かれます。

    特定の予約にかかるサービス料は次の手順で確認できます。

    1. airbnb.comから「支払い履歴」にアクセス
    2. 確認する予約の横に表示される予約コードを選択
    3. 「受取金」を開くと「Airbnbサービス料」の名目で表示されています

    ゲストサービス料

    ゲストサービス料は通常、予約料金の小計(宿泊料金、適用される場合は清掃料金と追加人数分の料金も加算。税およびAirbnb手数料は別)の14.2%未満です。 手数料はさまざまな予約要因によって異なり、予約の完了前にお支払いのページでゲストに表示されます。ゲストが中国本土に所在するリスティングを予約する場合は、ゲストサービス料を支払う必要はありません。

    AirbnbがVAT(付加価値税)を徴収する義務を負う場合、お支払いのページにはVAT(付加価値税)込みのサービス料が表示されるため、サービス料が割高に見えることがあります。

    2. ホストのみがサービス料を負担する場合

    こちらはホテル・ホスピタリティ企業が、ゲストの支払う最終料金により高い管理権限を行使できるよう作られた料金体系です。 ホストサービス料は14~20%(キャンセルポリシー「かなり厳格」を選択する場合は2%追加)で、ホテルと一部カテゴリのホスピタリティ企業に必須の料金体系です。 中国本土でリスティングを運用するホストは、サービス料が10%になります。システムを連携する宿泊管理サービス業者の場合は、「支払いと受取金」「サービス料」タブから、ホストとゲストでサービス料を分担するか、ホスト負担のみにするかを選ぶことができます。

    Airbnb体験の手数料

    ホストサービス料

    体験ホストのみなさまからは20%のサービス料を頂戴しております。 サービス料は体験料金をもとに算出し、ホストの受取金から自動的に差し引かれます。 非営利団体と提携して体験を提供するホストのみなさまは、ホストサービス料が免除されます。

    ゲストサービス料

    体験参加ゲストのみなさまからは現在ゲストサービス料は頂戴しておりません。

    サービス料にかかるVAT(付加価値税)

    地域の法令によっては、ホストサービス料とゲストサービス料にVATが課される場合があります。 その場合、サービス料はVAT込みの金額となります。

    必要なサポートは受けられましたか?
    そろそろホスティング、はじめてみませんか?
    さらなる一歩を踏み出し、ご自身の家を活用した収入アップにつなげましょう。
    もっと詳しく