検索条件を入力すると、検索候補が表示されます。上下の矢印キーを使って確認します。Enterキーを押して選択します。フレーズを選択した場合、フレーズそのものが検索にかけられます。検索候補がリンクである場合、リンク先のページに移動します。
入門ガイド
ホスト

リスティングが一時停止になりました。なぜ?

リスティングが一時停止になる理由としては、レビューの総合評価、返答率、予約承認率、キャンセル率に関する基本要件を満たしていないことが考えられます。停止期間中は、検索結果にリスティングが表示されなくなり、新しい予約が入ることもありません。

一時停止期間が明け次第、Airbnb社内の調査で問題がなければリスティングを再公開できるようになります。深刻な違反行為には、Airbnbからの退会措置を講じる場合があります。

既存の予約について

宿泊が確定されている予約がリスティングの一時停止による影響を受けることはありませんが、クオリティの高い滞在を提供できない場合、あるいはAirbnbのサービス利用規約への違反が認められた場合は、確定済みの予約もキャンセルとなることがあります。

過去のゲストからのフィードバック

停止期間中は、過去のゲストから提供されたフィードバックを参考に、おもてなしやリスティングを改善する方法を検討してみましょう。ゲストからのフィードバックは、レビューのページで確認できます。さらに、ホスピタリティ基準を確認し、Airbnbのホスティング基本要件とレビュー改善のヒントについても理解を深めてください。

停止期間終了後

リスティングを再度有効化して、新しい予約を受け付けられるようになります。アカウントにログインし、表示される手順に従って再度有効化してください。

ただし、再度有効化した後でも基本要件を継続して満たせない場合には、リスティングが一時停止に戻ってしまいますので、ご注意ください。

リスティングの再度有効化が認められない場合、リスティングはAirbnbから削除され、今後はアクセスできなくなります。

異議申し立ての手続き

リスティングの一時停止および削除に対する異議申し立ては、限られた状況においてのみ認められます。酌量すべき事情が異議申し立ての理由となる場合もありますが、異議申し立ての大半はゲストによるレビューポリシー違反があるか否かに基づいて検討されます。

リスティングに対するゲストからの低評価レビューがAirbnbのレビューポリシーに違反していることが証明できる場合、当該レビューを削除できることがあります。不適切なレビューの削除によりリスティングの平均総合評価が大幅に改善する場合は、リスティングを再度有効にできる可能性があります。

レビューポリシーの違反には次のものが含まれます。

  • Airbnbコンテンツポリシーの違反
  • レビューの関連性に関するポリシーに定められた無関係なコンテンツ
  • レビュー操作ポリシーに定められた偏見に基づくコンテンツや不正なコンテンツ(強要されたレビューや競合者によるレビュー)

異議申し立てを進めるには、次の情報をご提供ください。

  1. 異議申し立てを行うリスティングの名称
  2. 異議を申し立ての対象となるレビューに関連する予約コード(予約コードは「予約」タブに記載されています)
  3. 上記のどのレビューポリシー違反に該当するか、およびその理由

異議申立てを行うには、一時停止の異議申立てフォームに記入します。なお、30日未満の一時停止処分を受けている場合、こちらのフォームにはアクセスできません。

異議申し立てが認められないのは次のようなケースです。

  • 「ゲストのレビューは不公平だった」異議申立て手続きは、不公平な評価に異議を唱えるためのものではありません。一時停止措置を受けたら、ゲストの期待が現実にマッチするよう、リスティングの説明文や写真を変更することを検討しましょう。
  • 「たった1回のトラブルなのに」リスティングが一時停止になるのは通常、問題やトラブルが複数回繰り返された場合です。たった1つのレビューで、最低要件が満たされていなかったとして一時停止処分になることはありません。
  • 「その問題には対処済みだ」リスティングとおもてなしの方法を見直すことは、一時停止期間中やその後に改善を図る最善の方法です。ただし、過去のゲストの受け入れでホスティングの基準の最低ラインを満たせなかった場合は、それが一時停止措置の理由となります。
この記事は役に立ちましたか?

関連記事

予約やアカウントなどのヘルプ記事を参照しましょう。
ログインまたは登録