アートウォーク

2つの競技場の物語:建築家、隈研吾氏と共にインスピレーションを一緒に感じる

2つの競技場の物語:建築家、隈研吾氏と共にインスピレーションを一緒に感じる

ホストのKengoさんについて
1954年生。東京大学建築学科大学院修了。1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。現在、東京大学教授。1964年東京 オリンピック時に見た丹下健三の代々木屋内競技場に衝撃を受け、幼少期より建築家を目指す。大学では、原広司、内田祥哉に師事し、大学院時代に、アフリカのサハラ砂漠を横断し、集落の調査を行い、集落の美と力にめざめる。コロンビア大学客員研究員を経て、 1990年、隈研吾建築都市設計事務所を設立。 これまで20か 国を超す国々で建築を設計し、(日本建築学会賞、フィンランドより国際木の建築賞、イタリアより国際石の建築賞、他)、国内外で様々な賞を受けている。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通 じて、 工業化社会の後の建築のあり方を追求している。
全行程2時間
スナック、ドリンク
ガイド言語:日本語と英語
体験できること
外苑前にある隈研吾建築都市設計事務所に集合し、非公開のオフィスをご案内します。私の幼少期に影響を与えてくれた国立代々木競技場のお話や今まで設計してきた建築についてお話します。丹下健三氏が1964年の東京オリンピックのために設計したこの競技場に感銘を受け、私は建築家を志すことを決めました。その後、私の設計する新国立競技場に出向き、外部から見学しながら設計・建築についてお話しながら散策しましょう。最後に、組み木を使用した革新的なデザインを用い、2013年にオープンした南青山のサニーヒルズの屋上で台湾式の茶道で煎れるお茶とお菓子で締めくくります。
他に知っておくべきこと
・この体験は、5名先着順の予約となります。 ・新国立競技場は建設中の為、外周部からの見学となります。 ・当日は、メディアによる取材が入る予定です。ご予約を確定させていただいた場合、メディア取材の同行をご承認いただいたものとさせていただきます。
ホスト側で用意するもの
Coffee/Tea 󲀃
事務所

At Sunny Hills 󴀁
必要な持ち物
動きやすい服装(散策をするため)