緊急災害支援プログラム

Airbnbは被災者に無料でお部屋を貸し出すホストのみなさまを応援します

現在発生中の災害
Affected Area: Boulder Colorado
世界中でホストは支援の手を差し伸べています
世界中の被災地でAirbnbホストは個人、家族、災害救援隊に宿泊場所を提供してきました。
47
世界の被災地
3000 +
無償で貸し出されたお部屋
仕組み
Airbnbホストのみなさまは、被災された方々と災害救助隊に宿泊場所を提供することで地域の危機的状況に対応することができます。
緊急避難場所が不足している災害時には、周辺地域のホストのみなさまにお部屋を無料で貸し出す方法をメールでご案内し、支援に協力を呼びかけます。応じてくれたみなさまにはAirbnbサービス料を免除とし、通常のご予約と同様に「ホスト保証」を適用することで、Airbnbも微力ながらお力にならせていただきます。
Airbnbは政府やNGOと協力しながら災害支援活動を行っています(英語関連記事)。
支援はメンバーの発案から生まれました
2012年秋ハリケーンサンディで東海岸一帯が壊滅的な打撃を受け、何千人もの人が家を失いました。すると見るに見かねたAirbnbホストがNY市内のロフトを無料で開放。その温かな思いはカオスの中に安らぎを生み、大きな輪となって広がってゆきました。
途方もない善意に心打たれ、突き動かされるようにAirbnbがはじめたのがこの「緊急災害支援プログラム」―世界中のメンバーが大災害のとき即座に緊急宿泊場所を提供できるしくみです。
みなさまがいなければ、このプログラムは存在しませんでした(英語版関連記事)。
helping hands
パートナーシップ
何かが起こる「前」に地域の災害支援団体と協働体制を組んでおけば、いざ何かあった時にもっと多くの人に救いの手を差し伸べることができます。そこでAirbnbは地方自治体および災害支援団体と提携し、Airbnbコミュニティと地域の防災活動も応援しています。